みんなのアイディア研究所

あなたの楽しいがきっと見つかる。

アイディア 思考法 文章術

誰でも簡単に書ける文章の書き方っ!

投稿日:

こんにちはー、日向葵ですっ!

今回は誰でも簡単に書ける文章の書き方についてお話していこうかと思います。

実際は、文章なんて誰だって書けるんですけどね。その能力を持っているのに、いざ書こうとすると手が止まってしまう。文章が書けないといっている人たちは大抵そうです。
僕だってそうでした。

今回は、手が止まってしまう、書けないっ、そういった状況を打破するアイディアをご紹介しましょうっ!

頭の中のパズルを組み合わせる

文章を書くとは、頭の中にある言葉というピースを組み合わせて作るパズルのようなものです。書けないという人の多くは、いい言葉で書こうという無意識に定めたしきい値のせいで、ゴールを遠ざけているにすぎません。知っている言葉でも良い文章は書けるのに、雑誌のように、新聞のように、そういった理想が本来伝えるべき目標を曇らせます。

文章を書くということは、そこに何かしらの狙いがあるからですよね?
小説だって同じです。書いた文章で世界観を楽しんでもらいたい、感動してもらいたい、そういった考えがあるからこそリアリティを求めるのです。

小説はテレビで例えるならドラマやアニメなどのエンターテインメントです。

小説とビジネス文章は違う、小説とブログ記事は違う、webライティングの本を読んでいると、たまにそんな言葉が出てきます。

正直に言いましょう、これは嘘です。

確かに目的は確かに異なりますよ。小説はエンターテインメントです。じゃあブログ記事とかは何と言えば、教育番組やニュースといったものになるでしょう。

エンタメなら笑いや感動を、ニュース番組なら的確な情報を、伝えたい内容はそれぞれ異なっていますよね。

でも、映像を使って伝えているのは一緒です。ニュースとドラマを見ていて何か違いますか?
僕には同じように見えます。伝えたいことをよりわかりやすく視聴者に伝わるように工夫しながら映している、これはどんなテレビのジャンルにおいても共通していることです。

文章だって同じです。言葉を使って、相手に伝える、これはどのジャンルでも同じですよね?

考えるべきは伝える相手の、その目的。そこに対してハマるピースを頭の中で連想ゲームのように探していく、これが最も簡単な文章の書き方だと僕は思っています。

とりあえずまとめ

今回は、簡単に書ける文章の書き方について説明しました。

・無理な制限をかけない思考を持つこと
・確信に合わさるピースを連想ゲームのように探すこと

大まかなポイントはこの辺ですね。
どちらかと言えば、文章術というより思考や考え方についての部分が強かったです。
でも、文章の書き方なんて人それぞれで、この文章の書き方が正しいなんていう正解はありません。それは絶対です。
もし、正解があるのなら、みんなが同じ文章を書きます。
みんな同じ文章を書いていないですよね?
つまり、手が止まってしまうなどの問題は文章が書けないのではなく、思考、考え方が原因です。というか、大抵の問題はこれに該当します。
無意識に自分に制限をかけていませんか。そのせいで手が止まっていませんか?
一度自分に問いただしてみましょう。そうすることで、見えなかったことが見えてくるかもしれません。

という訳で、今回はここまでっ!
次回は6月8日に投稿予定!
またよろしくお願いしますっ!

-アイディア, 思考法, 文章術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

正しい妄想の使い方~イメージ力を使って小説を書く~

小説を書くとき、文章ばかり気にしてませんか?
それよりも大切ものがあります。それは、自分の妄想、イメージを分かりやすい文章に落とし込むことなんです。そう思った理由を紹介します。

アイディアが出てこない……その悩み、解消できますよ

「いいアイディアが思いつかない」
「この問題を解決するためにはどうすればいいんだ」
「この方法だと時間がかかる、何かいい方法はないだろうか」

さんざん迷った挙句、結局既存の方法で対応したり、「思いつかないからやーめた」とあきらめて明日にする。こんな経験をしたことある方って結構いると思うんですよね。

でもそれ、考え方ひとつで解決できるんです。

【アイディアの出し方】自ら制限をかけていませんか?

ビジュアルで思いついたアイディアをまとめようと、文章に落とし込もうとしていませんか? その行動、自ら制限をかけているのと同じです。別に図を使ったっていいじゃない。制限をかけると思いつくはずのアイディアが出てきまよ! というお話です。

書きたいを形にしていく連想ゲーム法

小説や漫画などのネタを考える時、どのようにして浮かんでくるのでしょうか。
僕の場合は、いきなり登場人物とそれっぽいシチュエーションが浮かんできます。俗にいう、『キャラが勝手に動く』状態で、インパクトの強いシーンがイメージとして浮かんでくるのです。

はぁ、そんなの浮かばねぇよと言う方、ごめんなさい。僕の場合は、妄想を幼少期からずっとしていたので、言葉で考えるよりイメージで思い浮かべるほうがやりやすいのです。そして、浮かんできたイメージを頑張って言葉に落とし込む、こうやって僕はネタを考え、小説を書いています。

ですが、インパクトの強いシーンが一度浮かんでしまうと、それ以外がなかなか出てこない。このシーンで、キャラをこう動いたらどうだろうか、という妄想だけが広がっていきます。これではいつまでたっても物語が完成しませんし、他のシーンを考えようにもインパクトの強いシーンに飲み込まれてなかなか思いつかない。

今回は、そういう状況に陥った場合、どうやってネタを広げていけばいいのかを書いていきます。

web小説を書いている人【必見】webライティングが小説執筆に活用できそうな件っ!

なんとなくwebライティングの勉強を始めました。そこで気が付いたのです、これってweb小説書くときに使えるよねっ!
今回はそれを感じた理由をお話しましょうっ!

====★PROFILE★====

PN:日向 葵
自分の好きに正直に生きる人的何か
主に小説家になろうで活動中

↓↓↓よかったらどうぞ↓↓↓
小説家になろう