みんなのアイディア研究所

あなたの楽しいがきっと見つかる。

「 小説 」 一覧

書きたいを形にしていく連想ゲーム法

小説や漫画などのネタを考える時、どのようにして浮かんでくるのでしょうか。
僕の場合は、いきなり登場人物とそれっぽいシチュエーションが浮かんできます。俗にいう、『キャラが勝手に動く』状態で、インパクトの強いシーンがイメージとして浮かんでくるのです。

はぁ、そんなの浮かばねぇよと言う方、ごめんなさい。僕の場合は、妄想を幼少期からずっとしていたので、言葉で考えるよりイメージで思い浮かべるほうがやりやすいのです。そして、浮かんできたイメージを頑張って言葉に落とし込む、こうやって僕はネタを考え、小説を書いています。

ですが、インパクトの強いシーンが一度浮かんでしまうと、それ以外がなかなか出てこない。このシーンで、キャラをこう動いたらどうだろうか、という妄想だけが広がっていきます。これではいつまでたっても物語が完成しませんし、他のシーンを考えようにもインパクトの強いシーンに飲み込まれてなかなか思いつかない。

今回は、そういう状況に陥った場合、どうやってネタを広げていけばいいのかを書いていきます。

正しい妄想の使い方~イメージ力を使って小説を書く~

小説を書くとき、文章ばかり気にしてませんか?
それよりも大切ものがあります。それは、自分の妄想、イメージを分かりやすい文章に落とし込むことなんです。そう思った理由を紹介します。

====★PROFILE★====

PN:日向 葵
自分の好きに正直に生きる人的何か
主に小説家になろうで活動中

↓↓↓よかったらどうぞ↓↓↓
小説家になろう