みんなのアイディア研究所

あなたの楽しいがきっと見つかる。

アイディア

アイディアが出てこない……その悩み、解消できますよ

投稿日:

こんにちわー、日向葵です。
初投稿なので、割と真面目に、アイディアが出なくて困っている人達の助けになるお話をします。

「いいアイディアが思いつかない」
「この問題を解決するためにはどうすればいいんだ」
「この方法だと時間がかかる、何かいい方法はないだろうか」

さんざん迷った挙句、結局既存の方法で対応したり、「思いつかないからやーめた」とあきらめて明日にする。こんな経験をしたことある方って結構いると思うんですよね。

でもそれ、考え方ひとつで解決できるんです
まぁ、完璧に解決できると断言してしまうと嘘になってしまいますが、アイディアを見つける可能性がぐ~~~~んと高くなります。

その考え方について書いていきましょうっ!

どんな考えをしたらアイディアが出てくるの?

☑ちょっと視点を変えてみよう

アイディアのヒントはすぐ近くにいます。
そう、目の前にアイディアのヒントがいるのです。

そのヒントって何さ?

答えは簡単、目の前の問題がアイディアを生み出すヒントなのです。
これだけだと意味が不明ですね。では答えを言います。

問題の視点を変えてください

アイディアが出てこないのはその問題を一つの方向でしか見ていないからです。
視点を変え、いろんな角度で見ることによって新しい発見が出来るのです。
それをちょっとした例題を入れながら説明していきます。

☑視点を変えるってどうすればいいの?

問題を抱えているということは、到達点があるわけです。

例えば、とある派遣会社の社長が、資格を社員に取らせたいと思ったとします。
そこで作ったのが資格取得制度。

この制度は、会社が資格に対する受験料を負担してくれるというものです。
ちなみに、僕の勤めている会社にも資格取得制度があります。

このルールを設置する理由は、社員に資格というステータスを持ってもらい、より利益が出るような会社に派遣させようという魂胆があります。
会社としては、多くの社員に資格を取ってもらいたいのです。

「会社が資格の受験料を負担してあげるから、安心して資格を取りに行ってね」

僕はこの言葉に対してこう返答したい。
「はぁ? 意味わかんないんだけど」

僕みたいな何も考えていないような人間は興味を持ちません。
その結果、やる気のある一部だけが資格取得を頑張り、その他どうでもいいと思っている人たちは一切行動を起こしません。
結果、こんな問題が発生しました。

思ったよりも社員が資格を取りに行こうとしない。

会社としては困ってしまいますね。だって、利益を出すためにルールを作ったのに、利用する人が少ないのですから。これでは作った意味がなくなってしまいます。

僕の勤めている会社では、それを解決するためか、対象となる資格を増やしたりなどしています。

ぶっちゃけましょう、こんなのは無駄です。
じゃあどうすれば、資格を取る社員が増えるのか。

この考えが、自分優先での考えになりますね。利益を生み出すために資格を取ってもらいたい、これが会社としての考えです。

ですが社員からしたらどうでしょうか。
資格を取る理由がないからどうだっていいや。

資格取得制度を利用しないほとんどの社員はそう思っているのです。
理由がないのに行動するのってめんどくさいですよね。

ここで視点を変えてみましょう

どうやったら資格を取る社員が増えるのか。

社員が資格を取りたくなるにはどうすればいいのか。

このように、視点を変えることで浮かんでくる解決策が全く変わってくるのです。

今までは、金銭面的なバックアップをメインにして、社員が資格を取りやすい環境を整える方向で考えていました。

でも、視点を変えたことで、資格を取って変わったという声を届けるや問題を解決ツールとして資格取得が重要だと教えるいう風に、金銭面的バックアップからやる気を出すための広報という方向性に変えることができるのです。

つまり、問題を別の角度から見ることによって視野を広げ、組み合わせられる既存の要素がほかにないかを探すこと、この考え方がアイディアが出てこないを解消する考え方の一つなのです。

まとめ

今回はアイディアが出ないを解消するための考え方について書きました。
その方法の一つが視点を変えること。

違う角度でみることによって、アイディアが出てくる可能性がぐ~~~~んと上がります。

その理由はやっぱり、他に組み合わせられる既存の要素を探すこと、これがアイディアが出てこない、思いつかないを脱出できる方法なんだと思っています。

-アイディア
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰でも簡単に書ける文章の書き方っ!

文章を書いている時に手が止まってしまう。そういった問題を解消する考え方をご紹介っ!
問題は文章力ではありません、自分の思考にあるのです。

web小説を書いている人【必見】webライティングが小説執筆に活用できそうな件っ!

なんとなくwebライティングの勉強を始めました。そこで気が付いたのです、これってweb小説書くときに使えるよねっ!
今回はそれを感じた理由をお話しましょうっ!

正しい妄想の使い方~イメージ力を使って小説を書く~

小説を書くとき、文章ばかり気にしてませんか?
それよりも大切ものがあります。それは、自分の妄想、イメージを分かりやすい文章に落とし込むことなんです。そう思った理由を紹介します。

書きたいを形にしていく連想ゲーム法

小説や漫画などのネタを考える時、どのようにして浮かんでくるのでしょうか。
僕の場合は、いきなり登場人物とそれっぽいシチュエーションが浮かんできます。俗にいう、『キャラが勝手に動く』状態で、インパクトの強いシーンがイメージとして浮かんでくるのです。

はぁ、そんなの浮かばねぇよと言う方、ごめんなさい。僕の場合は、妄想を幼少期からずっとしていたので、言葉で考えるよりイメージで思い浮かべるほうがやりやすいのです。そして、浮かんできたイメージを頑張って言葉に落とし込む、こうやって僕はネタを考え、小説を書いています。

ですが、インパクトの強いシーンが一度浮かんでしまうと、それ以外がなかなか出てこない。このシーンで、キャラをこう動いたらどうだろうか、という妄想だけが広がっていきます。これではいつまでたっても物語が完成しませんし、他のシーンを考えようにもインパクトの強いシーンに飲み込まれてなかなか思いつかない。

今回は、そういう状況に陥った場合、どうやってネタを広げていけばいいのかを書いていきます。

【アイディアの出し方】自ら制限をかけていませんか?

ビジュアルで思いついたアイディアをまとめようと、文章に落とし込もうとしていませんか? その行動、自ら制限をかけているのと同じです。別に図を使ったっていいじゃない。制限をかけると思いつくはずのアイディアが出てきまよ! というお話です。

====★PROFILE★====

PN:日向 葵
自分の好きに正直に生きる人的何か
主に小説家になろうで活動中

↓↓↓よかったらどうぞ↓↓↓
小説家になろう