みんなのアイディア研究所

あなたの楽しいがきっと見つかる。

アイディア

【アイディアの出し方】自ら制限をかけていませんか?

投稿日:

こんにちわー! 日向葵です。

良いアイディアが、イメージが、浮かんできたのに文章に起こせない。

努力しようとも、なかなかうまくできるものではありません。

前回は背景描写的な感じの練習をすればいいんじゃないかというお話をしました。

でもそれだと書けるようになるまで時間がかかります。

すぐにできるようになりたいんだ、思いついたアイディアを無駄にしたくないっ! そんなあなたのために、とっておきの方法を教えます

別に文章だけで表す必要はない

いいアイディアが、イメージが思いついた、よし文章に落とし込もうっ!

でもビジュアルで思いついたことを文章にはなかなか落とし込めない。
どうやって書けばいいのか分からない。やっぱりそうなってしまうと思います。

落とし込めなければ、さっといなくなってしまう、アイディアは掴まなければ逃げていきます。

じゃあどうすればいいのか。

文章で書けないなら図やイラストで描けばいいんじゃない?

説明文を書くとき、図や表を用いて書いたりしていませんか。
割と普通のことですよね。

ビジュアルで浮かんできたことを文章でまとめなきゃいけない、そんなルール、一切ないですよね。

文章にしなければいけない、これって実は無意識に自分を制限しているのと同じなんですよ。

これはアイディアを作る時にも同じことが言えます。
結果は同じでも、こうしなければいけないという固定概念が、せっかくのアイディアを逃してしまう可能性もあるのです。

自分に制限をかけないでください。
別に文章だけでまとめなくたっていいじゃないですか。

文字がダメなら、図を使いましょうっ!

とりあえずまとめ

今回は、適当なことをいいました。
まとめると…………こんな感じ?

文章に限らず、まとめる方法なんていくらでもある。自分に制限をかけてはだめ。

という訳で、今回はここまでっ!
次回は5月29日の予定っ!
また次回にっ! バイバイ!

-アイディア
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰でも簡単に書ける文章の書き方っ!

文章を書いている時に手が止まってしまう。そういった問題を解消する考え方をご紹介っ!
問題は文章力ではありません、自分の思考にあるのです。

書きたいを形にしていく連想ゲーム法

小説や漫画などのネタを考える時、どのようにして浮かんでくるのでしょうか。
僕の場合は、いきなり登場人物とそれっぽいシチュエーションが浮かんできます。俗にいう、『キャラが勝手に動く』状態で、インパクトの強いシーンがイメージとして浮かんでくるのです。

はぁ、そんなの浮かばねぇよと言う方、ごめんなさい。僕の場合は、妄想を幼少期からずっとしていたので、言葉で考えるよりイメージで思い浮かべるほうがやりやすいのです。そして、浮かんできたイメージを頑張って言葉に落とし込む、こうやって僕はネタを考え、小説を書いています。

ですが、インパクトの強いシーンが一度浮かんでしまうと、それ以外がなかなか出てこない。このシーンで、キャラをこう動いたらどうだろうか、という妄想だけが広がっていきます。これではいつまでたっても物語が完成しませんし、他のシーンを考えようにもインパクトの強いシーンに飲み込まれてなかなか思いつかない。

今回は、そういう状況に陥った場合、どうやってネタを広げていけばいいのかを書いていきます。

アイディアが出てこない……その悩み、解消できますよ

「いいアイディアが思いつかない」
「この問題を解決するためにはどうすればいいんだ」
「この方法だと時間がかかる、何かいい方法はないだろうか」

さんざん迷った挙句、結局既存の方法で対応したり、「思いつかないからやーめた」とあきらめて明日にする。こんな経験をしたことある方って結構いると思うんですよね。

でもそれ、考え方ひとつで解決できるんです。

正しい妄想の使い方~イメージ力を使って小説を書く~

小説を書くとき、文章ばかり気にしてませんか?
それよりも大切ものがあります。それは、自分の妄想、イメージを分かりやすい文章に落とし込むことなんです。そう思った理由を紹介します。

web小説を書いている人【必見】webライティングが小説執筆に活用できそうな件っ!

なんとなくwebライティングの勉強を始めました。そこで気が付いたのです、これってweb小説書くときに使えるよねっ!
今回はそれを感じた理由をお話しましょうっ!

====★PROFILE★====

PN:日向 葵
自分の好きに正直に生きる人的何か
主に小説家になろうで活動中

↓↓↓よかったらどうぞ↓↓↓
小説家になろう