料理 魚料理

アラが絶品のブリ大根を作りました‼

投稿日:

外に出得ると少し肌寒い季節になってきました。この時期はブリがおいしい時期なんですよね。スーパーに行くと、前よりもブリの切り身などが売られ始めているように思えます。

さて、ブリの料理と言ってパッと思いつく料理といえば、ブリ大根だと思われます。
小さな切り身のパックと大根を買えば、それなりのものができると思います。
ただ一つ言わせてください。切り身で作るブリ大根は微妙。最もうまいのは頭やカマを使ったアラのブリ大根だということです。

この写真に写っているブリも頭やカマの部分になります。
アラのブリ大根は身がとても柔らかく、濃厚なうま味が広がってとてもおいしいんですよ。
というわけで、アラのブリ大根のおいしさを伝えるべく、今回はそれを作っていこうとおもいます。

材料

  • ブリのアラ   :頭とカマを使用
  • 大根      :半分
  • 水       :適量
  • 醤油      :適量
  • みりん     :適量
  • 砂糖      :適量
  • 日本酒     :適量
  • ネギ(青い部分)  :2本分

※水の分量などを図り忘れました。申し訳ないです……。

作り方

1.アラの下処理をする。

まずはあらかじめぶつ切りにしておいたアラに塩を振って10分ほど置いておきます。
余計な水分などが抜けたら熱湯をかけて、水で取り残しのうろこやエラなどを取り除きます。
塩や霜降りする作業を怠ると生臭いブリ大根になってしまうので注意しましょう。

2.材料を入れて煮込む

あらかじめいちょう切りしておいた大根を鍋に入れて大根を軽く煮込みます。
芯まである程度柔らかくなったらいったん火を弱めて、準備していたブリのアラを入れてください。
あとにおい消しとしてネギの青い部分も入れましょう。
もし水の量が足りない場合はここで水、日本酒、みりんを入れてあげましょう。

しっかり煮込むと灰汁が出てきます。灰汁は悪なのできっちり取り除きましょう。
魚に火が通ってきたら、醤油、砂糖などを加えて味を調えていきます。

ある程度煮えたらお皿に盛り付けて完成です。

実食と感想

今回完成したのがこちら。

若干醤油が足りなさそうな気がしますが、おいしいそうなブリ大根が完成しました。
お皿の上に餅つけられているのはブリの頭になります。ブリだけではないですが魚の頭部は脂がのっており、とても美味です。
せっかくなので、頭からいただくことにしましょう。というわけでいただきます。

まずはブリの頭部の部分を箸で取ってみると、プルンとしたとても柔らかい実が取れました。口に含むとブリのうまみが広がります。また、とても柔らかく舌でほぐせる程度の柔らかさでした。

ただやっぱり、分量ミスりましたね……。醤油が少なく、若干味が薄いです。
ただ、さすが13キロのブリといえばいいのでしょうか。ブリ自体脂がすごく、味も強いので、これはこれでおいしく食べれそうです。大根も、薄い醤油とブリのうまみをたくさん含んだ煮汁がしみ込んだ大根は噛み締めるたびに優しいうまみが味わえて最高ですね。
あまりにもおいしかったので思わずモクモクと食べてしまいました。

柔らかくてうまい、アラで作るブリ大根は、ちょっと失敗もありましたが、おいしいものが出来上がったと思います。

最近のスーパーではアラが普通に売られていたりもします。もう少しブリの流通が大きくなると、それに比例してアラも増えてくると思われます。
切り身に比べてアラは結構安いはずなので、もしスーパーでアラを見つけたら、試しに買って作ってみましょう。
きっとおいしいものが出来上がると思いますよ!

というわけで、ごちそうさまでした!

-料理, 魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8月26日【お昼ご飯に自家製ツナを使ったツナサンドを作ってみたっ】

2019年8月26日。お盆の日に仕事の関係でお休みが取れませんでした。その代わりに今日をお休みに。いつもは職場で食べているお昼ご飯、でも今日は家なので何か作ろうとして……。この前作ったツナがあったので、ツナサンドを作ってみようと思います。絶対においしいに違いない(自画自賛)。

【幻の魚】クエをおいしくいただきます!

いつものように魚屋さんに行きましたが、魚が少なかったです。コロナの影響かな? そんな中でひときわ目立つおいしそうな魚、クエ。今回はこいつをおいしくいただいていきます。

【醤油が大事!】おいしい醤油でキンキの煮つけを作ってみた

コロナに負けないために、おいしい食事をといつものように魚屋さんに行きました。そこで売っていたのはおいしそうなキンキ。前、とっても美味しい居酒屋で食べたキンキの煮つけがおいしかったのを思い出しましたので、今回はそれにチャレンジしてみようと思いますっ!

【万人向け】ハマフエフキダイを湯引きにしておいしくいただく

いつものようにお魚屋さんに行ったら珍しい魚がいました。ハマフエフキダイという、沖縄とかではかなり有名で、万人向けな味わいが特徴のお魚、らしいです。
今回はこのハマフエフキを湯引きにしておいしくいただいてみようと思いますっ!

【魚屋!】まさかのマグロ10kが売っていたのでおいしくいただく!

いつものように魚屋さんにいったらとんでもないものをお勧めされました。なんとマグロ10Kサイズです。普通の魚屋さんには絶対に売ってませんよ。こんなすごいものを買えるなんて思ってもいませんでした。今回はおいしいマグロを使っておいしい料理を作っていきたいと思いますっ!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は作った料理を親戚に食べてもらっておいしいといわれて喜んでいます。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索