魚料理

【魚料理】大きなブリが手に入ったので、どんぶりと出汁茶漬けでいただきます!

投稿日:

今回はお魚の日! ということでいつものお魚屋さんに行ってきました。行ってみるとなぜか行列が……。どうやらPayPayのキャンペーンのせいでいつもより人が多く来ているようです。

なので僕もとりあえず並んでいたら、おなじみの店員さんにちょいちょいと呼ばれ、つい購入してしまいました!

こんなに大きなブリを!
このブリ、なんと13キロもありまして、かなり重たかったです。張りのある身がとてもおいしそうに見えました。
間違ってなければ、北海道羅臼産の天然ブリです。見た感じかなり良さげだったので思わず購入してしまいました!

このブリをサクッと捌いて柵にしたのがこちらです。

これでもほんの一部というのだから驚きですよね。
正直、ブリはもう少し寒くなった、12月とかがメインのような気がしますが、捌いてみた感じ脂のノリがすごくよかったです。
今回はこのブリを使って、ブリ丼&ブリ茶漬けのような、2度おいしい食べ方をしてみたいと思います。

材料

  • ブリ    :一柵
  • ご飯    :1杯
  • 醤油    :適量
  • ワサビ   :お好み
  • 粉末出汁  :利用する粉末出汁の指示通りの量

作り方

1.ぶりを切って刺身にする

まずはぶりを刺身にします。食べやすいサイズに切ってもらえればと思います。
ただし、気持ち厚めに切るとよいと思います。〆はお茶漬けにするため、出汁の熱でちょっぴり熱が通ります。その際にちょっと半生っぽくなるように、厚めにすることをお勧めします。

2.ご飯の上に盛り付ける

切っておいた刺身をご飯の上に盛り付けてまずはブリ丼の完成です。
たまたま刻みのりが家にあったのでのせてみました!

3.最後に出汁を準備しておく

最後に出汁茶漬け用の出汁を用意しましょう。ちゃんと昆布とカツオからとるのもいいですが、あれはあれで結構めんどくさいと思います。
なのでちょっとした出汁茶漬けを作るのであれば粉末出汁で十分です。
ちょっとした裏話ですが、飲食店でアルバイトしていた時に提供していたひつまむし。そこに使用される出汁は粉末のモノでした。どこもそんなものですし、粉末出汁もこれはこれでおいしいので、便利なものは利用しましょう!
これで完成です!

実食と感想

今回完成したものに……醤油とわさびを垂らしたものがこちらですっ!

普通においしそうです。10キロを超えたブリはすごい脂がのっていていますね。ブリというよりブリトロって感じがします。ご飯の熱でちょっとだけ脂が溶けているのか、少しテカテカしているように感じられます。
早速食べてみましょう。いただきます!

ブリのお刺身と御飯を一緒に頬張りました。見た目通り脂のノリがよく、口いっぱいにうまみが広がりました。やっぱりご飯の熱で少し脂が溶けていたようで、少しトロっとした触感があったような気がします。そしてブリの味は、なんというか、マグロの大トロでも食べているような気分にさせてくれました。ぶっちゃけそれ並みに脂のノリはある。思わず全部食べてしまいそうになってしまいましたが我慢できました。

丼ものもおいしかったですが、今回はうなぎのひつまむし同様、2度おいしい的なものにしたいと考えていました。
というわけで、半分ぐらい食べたころにあらかじめ用意しておいた出汁を投入!

一気に出汁茶漬けになりました。出汁の温度もちょうどよかったのか。ブリの霜降り具合がいい感じです。
ちょっと熱が加わったからでしょうか。ブリを食べてみると生のままとはまた違ううまみが広がりました。
好みにもよると思いますが、僕はこっちの方が好きかもしれません。出汁との相性も良く、思わず一気に食べてしまうほどにおいしかったです。
というわけでごちそうさまでした。

今回は出汁茶漬けにしましたが、食べてみてしゃぶしゃぶも食べたいなーって思いました。
サイズのおかげでぶりがたくさんあるので、近々チャレンジしてみようかなと思います。

また、僕はぶりを一匹購入して行っていますが、スーパーに行けばブリの柵ぐらい売っています。
マグロに比べればかなり安いと思います。スーパーのモノだとブリのサイズがよくわからないので、もしかしたらここまで脂のノリがいいものを作るのは難しいかもしれません。

その時は産地直送系の通販サイトで柵を購入してみるのもいいかもしれませんね。
もしおいしいブリが手に入ったらチャレンジしてみてください!

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【きまぐれ流】銀色に輝くあのお魚で干物を作ってみたっ

市場に行ったら銀色に輝くあのお魚が売っていました。そして最近youtebeで同じ魚の干物を作っている動画を見ました。どうせならあの干物を再現しよう。材料は、全てそろったっ! と言うことで、今回は銀色に輝くあの干物を作っていきますっ。

2019年8月6日 【マグロで煮つけを作ってみたっ!】

2019年8月6日。この前の土曜日に捌いたメジマグロ、血合い骨がある部分を使って煮つけを作ってみたっ!

2019年8月12日【干し芋作った後は、キンメダイの出汁茶漬けと煮つけをいただきますっ】

2019年8月12日。昨日干し物を作るための網をもらったので、干し芋を作りました。作り方は簡単ですね。お手伝いレベルの労働。ちょっと疲れたそんな日は、キンメダイの出汁茶漬けと煮つけをおいしくいただいて明日に備えましょうっ!

【市場評価低?】実はおいしいシイラで南蛮漬けを作ってみた

今週もいつものように魚屋さんに行ったら珍しいお魚が置いてありました。その名もシイラ。市場評価は低いらしいですが南の方では一般的に食べられるお魚です。今回はきまぐれクックの動画を見ておいしそうだと思った南蛮漬けを作っていこうと思います。

2019年8月23日【最後のカツオは皆大好き自家製ツナでおいしくいただくっ!】

2019年8月23日。最後のカツオの柵を今日、おいしくいただこうと思います。何を作ろうと考えた時、真っ先に出てきたのがツナ缶でした。よし、自家製ツナを作ろう……と言うことでやってみたら、かなり簡単でしたっ。家で簡単に作れてしかもおいしいので、ぜひ試してみてくださいっ!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は作った料理を親戚に食べてもらっておいしいといわれて喜んでいます。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索