魚料理

【北海道】あの有名ないか飯をいただきますっ!

投稿日:

今週もいつものようにお魚屋さんに行ってきました。
だけどあまりいいお魚が売っていない……。でもなぜか貝類が豊富なんですよね。貝を見ながら何を作ろうか考えたのですが、さっぱり思いつきませんでした。

なので今回は、前に冷凍しておいたイカを使って北海道でも大人気な有名駅弁であるあれを作っていきたいと思いますっ!

調理開始!

というわけで、今回の食材がこちらっ!

イカ! というわけで前に購入して冷凍しておいたイカちゃんたちです。
このイカ、ずっと何にしようか悩んでいたんですよね。
それで探したり聞いたりしてみたらこんな一言が。

「なんか、いかめしが食べたいな~」

ちなみに親戚に北海道出身がいて、昔作ってもらって食べたりなんかしたことあったんですよね。懐かしい。たぶんその時のいかめしを思い出しての一言だと思うんですが、うん、すごくちょうどいいタイミング!

というわけで、今回はいかめしを作っていこうと思っています。
材料はこんな感じ!


【北海道で愛されているイカ飯】

  • 材料
    • イカ(胴体)
    • イカ(げそ)
    • お米
    • もち米
    • 醤油
    • みりん

意外と材料が少ないですね。もち米とお米を1対1の割合で入れることにしますが、これは人によってちまちま違うらしいです。この辺はお好みで行きましょう!
それにしても調味料も思ったよりも少ないので、結構簡単にできそうな気がします! というわけで早速作っていきましょう!

1.胴体煮詰めるお米の準備をする

まずお米ともち米を1対1の割合で入れてあげましょう。
お米は胴体の約3割の量を加えるイメージで準備します。

イカは火を通すと縮みますがお米は逆に膨らみますからね。その辺を考えてお米ともち米を準備し、洗っていきます。

合わせたらついでに用意していたゲソを準備してください。
ゲソを1cm間隔で切ってあげて醤油、みりん、お酒、先ほど洗ったお米と一緒に混ぜ合わせていきます。

この状態になったら少し置いてあげましょう。
別に置く必要もないかもしれませんが、通常ご飯を炊くときはお米に水を吸わせてから火にかける必要がありますので……。
念のためといった感じでやりますが、意味があるかはわかりません。
お米炊くときに失敗して固くなった思い出があるので今回はちょっと置くことにします。これで中身の準備は完了です。

2.胴体に具を詰めていく

詰めるお米の準備ができたら、次はそのお米を胴体煮詰めていきましょう。
分量は胴体の大体3割ぐらいの量がいいですね。

火にかけるとイカの胴体は縮みますがお米は逆に膨らみます。あまり詰め過ぎると破裂してしまうので、詰め過ぎずを意識して入れてみましょう。
お米が入れ終わったらつまようじを刺して蓋をします。
これで準備完了っ!

3.煮詰めていくっ!

鍋に醤油、みりん、お酒、そして2で準備したイカを入れていきます。
入れ終わったら強火にかけて煮立つまで待ちます。
煮立ってきたら火を弱めて大体30分ぐらいでしょうか。煮詰めていきましょう。
いい感じに煮えたら完成っ!
さてさて、おいしくできたかな?

実食っ!

という訳で完成したのがこちらっ!

いい感じにおいしそうなものができましたっ!
煮詰めた後汁も結構残っていたのでご飯がべちょべちょになっているかもとか思ったんですが、以外にもそういったことにはなりませんでした。
なんでですかね。もしかしたらイカをつまようじをしたからでしょうか。
ご飯もいい感じにおいしそうです。とてもいい香りがして食欲を刺激してくれます。とっても美味しそう。
という訳で、いただきますっ!

…………うま!
これは、愛される味ですね。食べるだけで結構な満腹感があります。
イカもしっかりと味が付いており、食べごたえ抜群。欲を言えばもうちょっと味を濃い目にしても良かったかも。生姜とか入れたらもう少し違った味になったのかな?

今回は調べて一番簡単な方法で調理しましたが、工夫すればもっとおいしくなりそうな予感がしました。
余は満足じゃ!

まとめ

今回は冷凍しておいたイカを使って、北海道の駅弁で有名なイカ飯を作りました。

もち米のイメージの強いイカ飯ですが、今回は普通のお米と半々。またご飯の中にゲソを加えたバージョンです。味付けはシンプルにしてみましたが、それでも美味しくできました。

そこそこの量を作ったのですが一つでもかなりの満腹感を感じられます。
北海道の駅弁でも長年愛されている理由がわかるぐらいおいしいです。

今回はシンプル目な味付けでしたが、工夫すればもっとおいしいものが作れるような予感がしました。
またイカが大量に手にはいったら味付けを変えてチャレンジしてみたいと思いますっ!

という訳で、今回はここまで!
ごちそうさまでした!

-魚料理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8月9日【最後のマグロとサメカレイをおいしくいただきましたっ】

2019年8月9日。冷凍この中を見ると、あれだけたくさんあったマグロとサメカレイがちょっとしかありませんでした。最後までおいしく食べよう、と言うことで串焼きとなめろうをつくりましたっ!

【スペイン料理】活けタコが手に入ったのでアヒージョを作ってみた!

いつものように魚屋さんに行ってきました。緊急事態宣言のせいもあるのでしょうか、いつもより品ぞろえが少なかったです。何かいいのないかと探していたら、活けタコがあるよっ! とオススメされました。今回はタコを使ってアヒージョでも作っていこうと思いますっ!

【これを焼かなきゃ勿体ない】イカ肝を使ったおいしい食べ方

スーパーに行ったらおいしそうなスルメイカとアワビが売っていました。イカにはいろんな食べ方がありますが、基本的に身の部分だけでワタは塩辛以外食べたことありません。世の中にはワタ焼きという料理があるのでチャレンジしてみたら、お酒が進みそうな、とてもおいしいものになりましたっ!

2019年8月7日【サメカレイのから揚げはふわっふわでおいしい!】

サメカレイの切り身を使ってから揚げを作ってみました。作り方はとても簡単、そしてうまい。お酒が欲しくなるような一品です!

【最強のおつまみ】安くて酒に合う、つぶ貝の煮つけのを作ってみました‼

いつもの魚屋さんでつぶ貝を安く仕入れました。なんか小さいつぶ貝を買ってほしいとかなんとか。刺身にするには小ぶりだったので煮つけにしたところ、とてもお酒が欲しくなる味に‼ 寒い冬に熱燗と一緒に食べるつぶ貝の煮つけは最高ですよっ!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索