魚料理

【こりこり】赤ナマコのポン酢漬け的なモノを作ってみた!

投稿日:

いつものようにお魚屋さんに行ってきました。
今年お魚買うのはこれで最後かな。というか今年はんゴミの収量が少し早いので追わざる負えなかったと言いますか。でもお正月にはお魚食べたいので裏で準備しようと思います。
そういうわけで食材を探しに来たわけですが、面白い食材が売っていました。

可愛い可愛い赤ナマコちゃんです。
見た目すごくかわいい上にとてもおいしいんですよね。ナマコは見た目が荒れなので食べずに嫌う人もいるみたい。僕の家族とか親戚もあまり好きではありませんね。見た目で拒絶しています。
こんなに美味しいのに。ですがナマコを生で食べるのにもちょっと辛いものがあります。味がダメというわけではありません。固いんです。あのコリコリが良いという人もいますが、あまり固すぎると歯が…………。

という訳で、今回はちょっと柔らかい感じになるように調理して食べていきたいと思いますっ!

調理開始!

という訳で、今回使う食材はこちら……と言いますが、もうすでに写真を出したので省略します。
今回作るのはナマコポン酢。茶ぶりというお茶を沸騰させてそこにナマコを入れた後に、ポン酢につけていくそうです。
本当は三杯酢がいいらしいですが、準備出来なかったので諦めました。
材料も、ナマコとポン酢だけなので省略。
さっそく作っていきましょう。

1.お茶を沸騰させて準備する

まずはナマコをサクッと捌いてお茶の準備をします。
なんでお茶なのかはわかりませんが、動画で調べたらこういう作り方が出てきたので、とりあえずやってみようと思いました。

何のお茶で大丈夫なのかわかりませんでしたので、今回は麦茶を使ってみようと思います。コレでいいのでしょうか?

2.茶ぶりしていく

沸騰したお茶の中にナマコを入れて茹でていきます。これを茶ぶりというらしいです。YouTebeで見て言っていたので多分あっていると思います。

これによりどうなるかわかりませんが、ナマコは火を通すと少し縮んでいきます。それだけではなく身も熱を通した分だけ柔らかくなっていきますので、生で食べるよりは食べやすくなると思います。

生でナマコを薄切りにしてコリコリの触感を楽しむのもいいですが、固すぎるとちょっと歯にダメージが……という方は茶ぶりしてある程度火を通すのもいいかもしれませんね。

3.ポン酢に入れて漬ける

普通はポン酢をかけて終わりでもいいのですが、今回はポン酢に1日ほど付けてみようと思います。
本当は三杯酢らしいですが、ポン酢でも同じことをすればおいしくできるよね! という仮説からチャレンジをしてみようと思いました。
三杯酢での作り方がYouTebeをはじめとして紹介もされていますが、以外にもポン酢は見かけなかったんですよね。僕が情弱だからでしょうか。
まあいいでしょう。この状態で1日漬けこんだら出来上がりっ!

実食っ!

という訳で、完成したのがこちらっ!

結構い思想にできたのではないでしょうか。
ちなみにこのポン酢はナマコを付けていたポン酢を使っています。

ちょっと色も変わって、軽く滲み込んでいるような気がします。
さっそく食べてみましょう。いただきます。

ポン酢の絡まったナマコを……おう?

味は、普通に美味しいです。ポン酢の酸味とナマコの味や触感がとても良いです。よいのですが……なんか固くない?

結構茶ぶりしたつもりだったのですが、思ったよりもナマコが固かったです。もしかすると表面だけ柔らかくなって中身に全然熱が通っていなかったのかもしれません。これは、どうなんでしょう。個人的にはもうちょっと柔らかくして食べたかったのでちょっと残念な気がします。

固いのが好きな方には割とちょうどいいかもしれませんね。

まとめ

今回は赤ナマコを買ってきてポン酢に一晩漬けて食べてみました。
赤ナマコは生ではなく、茶ぶりというお茶を沸騰させてその中にナマコを入れて火を通す方法をチャレンジしてみました。
果たしてこの方法があっていたのか、というのはちょっと疑問に思いますが、底はYouTebeを信じてみようと思います。

できたナマコは結構おいしかったのですが、残念なことに思ったより硬かったです。火の通しが甘かったのかもしれませんね。

固さは人それぞれだと思うのですが、歯の弱い人はしっかりと火を通すことをお勧めします。生のナマコは固すぎてヤバいですので。

という訳で、今回はこんな感じで。
今年最後の投稿です。皆さんよいお年をっ!
という訳で、ごちそうさまでしたっ。

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【食べ比べ】真においしいのは塩? 西京焼き?

いつものように魚屋さんに行ったら、とっても高級なお魚を紹介されました。そう、マナガツオ! 焼いておいしいマナガツオ! 捌いてみたら脂もすごく、めっちゃおいしそう。こんなマナガツオを今回は塩焼きと西京焼きで食べ比べてみようと思いますっ!

【今が安い】サンマよりも安くなったニシンで南蛮漬けを作ってみたっ

最近、サンマの漁獲量が低くなっているせいで値段が高くなっていますね。一匹180円以上が当たり前、昔はもっとやすかったのに……そう思ってしまいます。そんなさんまの横に、ニシンに一匹75円のニシンがっ! さんまの代わりに他が安く。今が買いっ。安い魚でおいしい南蛮漬けを作ってみましたっ!

【デカいハギ購入!】薄造りにチャレンジしてみた!

デカいハギを買ってみました。ウスバハギという魚らしいです。捌いてみると大きな肝と真っ白い身が……。こりゃ薄造りにするしかないっ! という訳で素人がウスバハギの薄造りにチャレンジしてみました。

【手軽に作れる】カンパチとカツオの魚焼肉丼っ!

カンパチは味が強く、カツオは火を通すと肉っぽい触感が、そんな理由で作ってみた焼肉丼。焼肉のたれが絡まったお魚たちはまるで肉のようにおいしい。さっと作れるところが魅力かもしれない丼ものです。

【出先でお魚‼】ただの塩焼きがおいしすぎてヤバい

仕事事情でちょっと長い出張中。しかしそこの近くにはお魚市場があった!
という訳で、今回は大阪の堺魚市場で魚を買ってみました。前回買った銀色マンボウことマナガツオのちっこいのが……。塩焼きを食べていなかったので買って食べてみようと思います! ちっこいからお手頃価格。さてさて、お味はいかに……。

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索