魚料理

【10K級!!】特大ブリのアラで作るブリ大根

投稿日:

さて、いつものように魚屋さんに行ってきましたが、今回も調子が悪かったです。全体の割合が、貝類7割、魚3割と魚が極端に少ない印象でしたね。ありきたりな魚が多く、刺身に向いていないのが多かったような……。

原因と言うか、豊洲市場の方がいまいちな感じで、それで仕入れがこんな惨状だと言っていました。
そんな中でも、ちゃんといい魚を仕入れてくれるところがとてもいいですよね!

今回も、とっておきの魚を仕入れてくれました。その魚を使って、おいしい料理を作っていきたいと思います!

1.調理開始!

今回使うお魚はこちら!

特大サイズのブリ!
ぶっちゃけ、まな板に収まりきらないほどで買いサイズです。
その大きさはなんと10キロ! 実もぶりぶりでとてもおいしそうですね!

とりあえずパパっと捌きます。

三枚におろした後ですね。身が結構赤いですが、ちゃんとブリですよ。
捌いた時、脂が包丁にべっとりついていましたので、これは凄く期待できます。

それにしても……こうやって見ると、肉を解体しているような。
まあ、魚肉なんで一応肉なんですけどね。
流石10キロ級……。

さて、今回はこんなに身があるので……と言いたいところですが、
あえてアラを使ってブリアラ大根を作っていこうと思います!
今回使った材料はこちら!


【ブリアラ大根】

  • 材料
    • ブリアラ
    • 大根
    • 白だし
    • みりん
    • 調理酒
    • 醤油
    • 生姜チューブ

では、早速作っていきましょう!

1.塩をまぶして熱湯をかける下処理をする

まずはブリのアラに塩をまぶして20分ほど寝かせてあげます。
余計な水分と臭みが消えるはずですね。

しかしこうやって見ると、本当に肉っぽいですね!
普通に焼いてもおいしそう……。
今回はブリ大根にするので、熱湯をかけて洗っていきましょう。

熱湯をかけた後、血合いや皮に着いた鱗などを綺麗に問って洗い流しましょう。
これをやるのとやらないのでは作った後のにおいやえぐみが全然違います。
ここまでが下処理ですね。
美味しいものを作るのに必要な工程です。

2.大根をいちょう切りしておく

下準備をしている間に、大根の準備をしておきましょう。
大根は皮を剥いていちょう切りにします。

メインはブリにしたいので、ちょっとつまめる程度の量を切っていきます。
大根、ブリの準備ができたら次に行きましょう!

3.強火で煮て灰汁をとる

鍋の中に大根とブリのアラを入れ、水がひたひたになるまで入れます。
そこに調理酒、みりん、白だしを入れてぐつぐつと煮ていきましょう。

煮ていくと灰汁がたくさん出てきますので、キッチリ取り除いていきます。
灰汁は悪です。

あいつがいるとえぐみとか臭みがすごいことになるんです。
もう一度言いましょう。

灰汁は悪です。

極悪な灰汁を取り除いたら、次へ行きましょう!

4.中火よりちょっと弱めにして、じっくりと煮ていく

さて灰汁が取れましたら、醤油と生姜を加え、じっくりと煮ていきましょう。
水が減って、良い感じになってきたら完成です!

さてさて、どんな感じになりましたでしょうか!

実食!

さて、完成したのがこちら!

アラですが、結構身がしっかりとついていますね。
大根もいい感じにしみていておいしそうです。
では早速いただきましょう! いただきます!

美味しそうな身をいただきましょう!
骨があるので、骨をよけて……うん。

食べてみた感じ、とても柔らかいと思いました。
ぷりっぷりです。ついでに身の部分も入れていたので食べ比べてみましたが、
身の方は少し硬かったですね。

ブリ大根にアラを使うのって、実はアラに残っている身の方が柔らかいからなんじゃ……。

確かに、頭肉って結構柔らかくておいしいんですよね!
なるほどなるほど。

大根も食べましたが、これまたうまみがしみこんでとてもおいしい!
今回は臭みもなくいい感じにできました!
最高の出来栄えです!

まとめ

今回は10キロサイズのブリを買ってきました。
結構肉質も良く、とてもおいしそうなブリでした。

ブリは身もそうですがアラも使え、捨てるところが少ない魚ですので、
今回はあえてアラを使ったブリ大根を作ることにしました!

下処理が手間ですが、しっかりと下処理された食材を使うことで臭みなどがない、おいしいブリ大根ができました。

頭のお肉も柔らかく、味の染みた大根もおいしい! 
かつおだしを使っているところもありましたが、今回はあえて白だしを使ってみました。

白だしにしたことでかは知らないですが、結構上品な味に仕上がったと思います。

今回もいいものを買って大満足!
身は、一部を刺身にして、カマは焼いて、残ったものは冷凍してちまちまと食べていくことにします。
うむ、今回もとてもおいしかった!

という訳で、ごちそうさまでした!

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【今が安い】サンマよりも安くなったニシンで南蛮漬けを作ってみたっ

最近、サンマの漁獲量が低くなっているせいで値段が高くなっていますね。一匹180円以上が当たり前、昔はもっとやすかったのに……そう思ってしまいます。そんなさんまの横に、ニシンに一匹75円のニシンがっ! さんまの代わりに他が安く。今が買いっ。安い魚でおいしい南蛮漬けを作ってみましたっ!

【珍しい】本マスをゲットしたので混ぜご飯を作ってみた!

いつものように魚屋さんにいってきました。そこでなんと本マスが売っていましたので思わず購入! 本マスを使っておいしいものを作っていきたいと思います!

【YouTebeで見た】島寿司がおいしそうだったので作ってみたっ!

今回は魚屋さんに行く前に動画を見ていました。どんなものを作ろうかなと思ってみていたら、島寿司というものがやっていました。とてもおいしそうだったので、今回はそれを作っていこうと思います。

【上品な仕上がり】カレイでおいしい煮凝りを作った!

いつものように魚屋さんに行って美味しいお魚と貝を買ってきました。今回は牡蠣、ハマグリ、そしてカレイです。メインは牡蠣のオイル漬けですが、出来上がるまでちょっと時間がかかるのでまずはカレイの煮凝りでも楽しみましょうかねっ!

【市場評価低?】実はおいしいシイラで南蛮漬けを作ってみた

今週もいつものように魚屋さんに行ったら珍しいお魚が置いてありました。その名もシイラ。市場評価は低いらしいですが南の方では一般的に食べられるお魚です。今回はきまぐれクックの動画を見ておいしそうだと思った南蛮漬けを作っていこうと思います。

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索