魚料理

【夏バテ防止】ニンニク入りカンパチの漬け丼を作ってみた!

投稿日:

毎週のルーティーンって言ったらかっこいいかもしれませんが、今週もお魚を買いに行ってきました。
すごくいいぶりを進められたのですが、残念なことに買うことが出来ませんでした。
お金? いやそこが問題ではありません。大きい魚って結構残っちゃうんですよね。だから冷凍してちょっとづつ食べていくのですが、前回買ったマグロが残っていて……今回は断念。マグロが終わったら買ってやるっ!

そんなわけで次にオススメされたカンパチを購入。
梅雨明け的な雰囲気も出てきたのでそろそろ本格的な夏が始まるのかな?

そうなってくると、やっぱり夏バテ防止できるようなお魚料理を作りたい!
という訳で、何か作っていこうと思いますっ!

調理開始っ!

今回購入したのはこちらっ!

大きなカンパチっ!

4キロあるかないかぐらいですかね。身もブリっとしていてとてもおいしそうです。今回は、夏バテ防止をテーマに何か作りたいなと思いまして……。

夏バテ防止と言ったらやっぱり……ニンニクかな

あまり知らないですが、とりあえず夏バテにはニンニク食べておけって聞いたことがあるので。ああ、無知が恥ずかしい。

まあ、冗談はさておいて、前から思っていたことがあったんですよ。
漬け丼のタレにニンニク入れたら普通にうまいんじゃないかって。
ニンニクも味が強いのアレですが、これだけ脂ののったカンパチですからね。
意外といけると思います。
という訳で、材料はこんな感じ!


【カンパチのニンニク漬け丼】

  • 材料
    • カンパチ         :一柵
    • ニンニク(チューブでOK)  :適量
    • みりん          :大匙1
    • 調理酒          :大匙1
    • 醤油           :大匙2

大体こんな感じでしょうか。
漬けタレは今回、醤油2、みりん1、調理酒1の割合で作っていきます。
なんだかんだでこの割合が結構いいんですよね……。
ある意味で王道? まあ、漬けタレは結構奥深いので割合はお好みにまかせます。僕はこの割合が好きっ!
という訳で、早速作っていきましょう。

1.柵を切っていく

まずは捌きたてのカンパチを用意しましょう。捌きたてじゃなくてもOKなんですけどね。
個人的には、白身で味の薄いタイプよりも、味の強い、マグロとかそういう魚でやることを進めします。

歯ごたえと言うか触感も楽しみたいなと思ったので、ちょっと厚めに切りました。これは好みになりますけど、切る厚さは、漬けタレに漬ける時間に影響しますので、そのあたりを考慮しながら切りましょう。

2.漬けタレを作って漬けていく

みりん、醤油、調理酒を混ぜ合わせ漬けタレを作ります。
本当ならアルコール分を飛ばすために一度火にかけるのですが、今回はめんどくさいのでやりません。
このちょっとお酒っぽい風味が割とおいしかったりするんですよね。
お子様向けの場合は沸騰させてくださいね。
写真は撮っていませんが、今回は、イカの肝醤油というものを使ってみました。
自分で作ったのではなくて市販で売っていたものを使用しています。
これを使うことで、ちょっとお刺身の風味が増しますよ。

さて、漬けタレができたら、ここに……ニンニクとカンパチを投入しますっ!

しっかりと浸るようにつけてます。ニンニクの風味とかはタレと一緒にしみこんでいくので、このまま冷蔵庫に寝かせてあげましょう。
今回は、30分ぐらいで行こうと思います。
あとはしっかり漬かったカンパチをご飯の上に乗せるだけっ!

実食っ!

という訳で完成したのがこちらっ!

ちょっとお刺身を乗せる量が少なかったですが、でも普通においしそうな漬け丼ができました。
カンパチに使ったタレからは、にんにくのなんというか、こう、スタミナが尽きそうな匂いが漂ってきます。
では、早速いただきましょう。
いただきますっ!

厚切りに切ったカンパチとご飯を一緒に……。

ちょっとニンニク強いですね。おいしいと言えばおいしいです。ニンニクだけじゃなくて、ちゃんとカンパチの味もしていますが、若干ニンニクに負けてるような気がします。これは、にんにくの量が結構重要なポイントになっている気が……。

でも、味はとてもおいしいです。
魚って脂の少ないさっぱりしたイメージがあります。肉と比べちゃうと、そういうイメージになってしまいますが。
でも、脂ののっている魚は、肉にも負けないうまみを持っています。
そのこってりとした魚のうま味が、にんにくによって1段、いや2段ぐらいステップアップしているような気がしますね。

これは、魚とニンニクの相性が抜群、と言うことがわかりましたね。
いや~いいこと知った。これで料理の幅が広がりそうですっ!

まとめ

今回はカンパチを使ったニンニク漬け丼を作ってみました。
調理法は簡単で、普通の漬けタレにニンニクを入れた特性たれにカンパチを入れて30分寝かせただけ。

たったこれだけの一工夫が、カンパチをよりおいしくしてくれました。
匂いは若干気になりますが、こう、なんと言いますか、ちょっとこってりとした感がご飯を駆け込みたくなる衝動を与えてくれます。

これから本格的に夏が始まりそうです。そうなってくると気になるのは夏バテとか夏バテとか夏バテ。

ニンニクと魚の相性が抜群ということも分かったので、お魚とニンニクでこれから始まる夏を乗り切りましょうっ!

という訳で、今回はここまで。
ごちそうさまでしたっ!

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【簡単美味しい】家庭で作れるカツオのたたき

魚屋さんに仕入れに行ったら立派なカツオがあるよと教えてもらいました。一匹4.6キロサイズ、身がふっくらとして艶もある。めちゃくちゃおいしそうなカツオ。これを使ってたたきを作ってみましたっ。スーパーで売られている柵で、実は簡単に作れるんですよ。

【出先でお魚‼】ただの塩焼きがおいしすぎてヤバい

仕事事情でちょっと長い出張中。しかしそこの近くにはお魚市場があった!
という訳で、今回は大阪の堺魚市場で魚を買ってみました。前回買った銀色マンボウことマナガツオのちっこいのが……。塩焼きを食べていなかったので買って食べてみようと思います! ちっこいからお手頃価格。さてさて、お味はいかに……。

2019年8月9日【最後のマグロとサメカレイをおいしくいただきましたっ】

2019年8月9日。冷凍この中を見ると、あれだけたくさんあったマグロとサメカレイがちょっとしかありませんでした。最後までおいしく食べよう、と言うことで串焼きとなめろうをつくりましたっ!

【そろそろ】ホッキ貝の炊き込みがご飯を作ったっ!

いつものようにお魚屋さんに行ったら、おいしそうな北寄貝をオススメされました。ちょうど炊き込みご飯が作りたかったんですよね。
という訳で、今回は炊き込みご飯を作っていこうと思います。

2019年9月1日【自家製ツナを使った激うまチャーハンっ!】

2019年9月1日。そういえば前に作った自家製ツナが余っていることを思い出しました。そろそろ悪くなってきそうなので、お昼に何か作ることに。御飯も余っていたのでチャーハンを作ってみました。これが激うま。やばい、食べ食べ過ぎちゃう、けどおいしい一品ですっ!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索