魚料理

【デカい!】おいしそうな平目を昆布〆にしておいしくいただく!

投稿日:

今週もおいしいお魚を求めて魚屋さんに行きました。今回オススメされたのは大きな平目、あとおいしそうなシマアジです。

いや、この平目がとにかくデカい。大きさはなんと3.9キロ、一般家庭が買う大きさじゃないです。それでもおいしそうだから買ってしまうんですよね。
こんなに大きな魚です。いろんなものが作れそうですが、さて今回は何から作りましょうか。ふふふふふふふふ。

調理開始!

今回の食材はこちら!

まずまな板に入らない……。
これを一体どうやって捌けばいいのだろうか。まあ普通に五枚下しにしますがね。

冗談は置いておいて、今回はこの大きな平目を捌いて、昆布〆にでも使用と思います。塩〆もおいしいですが、それはこの前やりましたので、今回は昆布〆にしてみようかなって思いました。
という訳で、材料はこんな感じです。


【ヒラメの昆布〆】

  • 材料
    • 平目
    • 昆布

ぶっちゃけ材料なんてこれだけです。
今回平目がとても大きいので、大きめの昆布を使いたかったんですが……なかなか売っていないんですよね、残念なことに……。
という訳で、今回はこんな昆布を買ってきました。

写真を撮ったタイミングが使ったなのでアレですが、ちょっとおいしそうな昆布を見つけました。今回はこれを使っていきます。
では、早速作っていきましょう!

1.昆布でくるんで一晩置く。

まず、昆布を水で戻します。軽く戻したら、捌いた平目を昆布で包み、その上からラップでくるみます。正直今回の工程はこれだけ。
後は冷蔵庫で一晩寝かせます。これで完成!
あとは開いてお皿に盛り付けるだけ。

実食!

という訳で完成したのがこちら!

個人的には結構おいしそうにできました
色もいい感じです。色合いに刺身以外のものを付けられなかったのが残念ですが、本命は昆布〆! こいつがおいしくできていれば最悪OKでよね!
では早速食べてみましょう。

素材の味を楽しみたいので、醤油を付けずに……。

うわぁ、おいしい。今回は昆布がよかったのか、味がしっかりとうつっていますね。醤油なしでも全然食べられます。

噛めば噛むほどおいしい味が口の中いっぱいに広がります。これはお酒が飲みたくなりますね!
日本酒がとても合いそうな味です。
うん、今回もいいものができたような気がします!

まとめ

今回は大きな平目を買って昆布〆にしました。
おいしそうな昆布と新鮮な平目を使って昆布〆を作りました。
昆布の味がしっかりとうつっていてうまみが倍増。
とっても、とっても美味しくできました。

今回買った平目がとてもよかったこともあったかもしれませんね。
後は昆布がよかったのかも。もう少し大きな昆布があったらよかったんですけど……。さすがに普通のスーパーでは売っていませんでした。残念。
まあでも、おいしくできたのでこれはコレで良しとしましょう。

さてさて、次回は何を買っておいしいものを作りましょうか。
という訳で、今回もごちそうさまでした!

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【そろそろ?】雄のタラから出てきた白子で天ぷら三昧!

いつものように魚屋さんにいったらおいしそうなタラが売っていました。しかも、雄、雄なんです。雄ということはおいしい白子がっ! 今回はこれを使っていこうと思います。

【あけおめ】〆鯖をおいしくいただきます

皆さんあけましておめでとうございます。ということで、年始に食べたいものがあったんですよね。それは〆鯖。お正月に酢だこや〆鯖は割と定番だと思います。なので今年も〆鯖を作っていこうと思いますっ!

【またもやあいつ】平目でなめろうを作ってみた!

いつものように魚屋さんに行きました。お店に着いたら「待ってたよ」みたいな感じに言われ、奥から大きな平目を出してもらいました。ブリブリだったので購入。今回は平目でなめろうを作ってみます!

【絶品】タラの白子を天ぷらでおいしくいただくっ!

もう12月。肌寒くなってきました。こんな時期に食べたいものと言えば、やっぱり鍋っ。そう思ってタラを買ってきました。捌いてみると、白子がたくさんっ。こりゃ天ぷらも作るしかないっ! という訳でタラの白子の天ぷらを作ってみましたっ。

【肝マシマシ】美味しい塩辛が食べたくなったので作ってみましたっ!

いつものようにお魚屋さんに行ってきました。おいしいお魚も買いましたが、今回は親戚から塩辛が食べたいという注文が入りましたので、スルメイカを購入。ついでにイカの肝ももらったので、イカ肝マシマシな塩辛を作っていきたいと思いますっ!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索