魚料理

【新年】ちょっとお高いクルマエビをおいしくいただきましたっ!

投稿日:

新年あけましておめでとうございます。
ちょっと遅いですが2020年になって初更新です。
今年は東京オリンピックもあったりでいろいろと大変な年になりそうですが、変わらず魚を捌いて料理でもしていこうかと思います。
という訳で、ちょっとおいしそうなものが売っていたのでついつい買ってきてしまいました。

買ってきたものとは、何を隠そう車エビ。
一匹当たりの値段は200円ちょっとでしたが、一匹数十グラム程度しかないエビです。一キロ当たりの値段で考えれば、伊勢海老を超える程。
ぶっちゃけ、伊勢海老って一匹の値段はそこそこしますが、一キロ当たりの値段で考えるとそんなに高くないエビらしいですね。
普通一キロ単位で値段を考える人なんてそこまでいないのでアレかもしれませんが。
今回は一キロ単位の値段が伊勢海老よりも高い高級エビ、車エビを使って料理をしていきたいと思いますっ!

調理開始っ!

今回使う食材がこちらっ!

じゃじゃん、車エビと言うことで、これを使って調理していきたいと思います。
まさか生きている車エビがスーパーで売ってるとは思わなかったです。
いやー、海なし県のはずなんですがね、ははは。

他の材料はこんな感じです!


【車エビのクレイジーソルトオーブン焼き】

  • 材料
    • 車エビ       :4匹
    • パン粉       :適量
    • クレイジーソルト  :お好みで

本当の料理名は、香草オーブン焼き的なモノなんですが、もっと簡単につくれないかと思いまして、今回はクレイジーソルトを使って作ってみることにしました。

クレイジーなソルト、あれはアレでおいしいんですよ?

1.エビを仮死状態にする

今回買ってきたのは生きているエビです。可哀そうかもしれませんが、人が生きていくためにはちゃんと食べなければありません。
苦痛を与えるようなことをするとかわいそうなので、一回氷水で仮死状態にして捌きます。捌くときもできるだけ一瞬でやります。
食べるためにではありますが、可愛そうなものは可哀そうですからね。
できることは、おいしく食べてあげることだけ。
ぶっちゃけ、こういうことをしっかりと教育すれば、食べ物を残すという命を冒涜するような行為がなくなっていくと思います! 
お残しはいけませんべぇ!
話がそれましたので次に行きましょうっ!

2.パン粉とクレイジーソルトを混ぜる

混ぜるな危険、とは言いませんが……。
パン粉をボウルに入れて、適当にクレイジーソルトを混ぜていきます。
時々味をを見て、塩っ気を調整しながら混ぜていきましょう。
自分好みのちょうどいい感じになったら準備完了ですっ!

このパン粉とクレイジーソルトを混ぜ合わせたがかなり重要になってきますので、キッチリと合わせましょう。
今回はクレイジーソルトでやりますが、にんにくなど、別の調味料と組み合わせてもいいかもしれませんね!
というか、本当はニンニクなどを混ぜ合わせるんですが……。

3.パン粉を車エビに振りかける

捌いたエビにパン粉を振りかけましょう。これで後は焼くだけです。
このパン粉に調味料が混ぜ合わせてありますので、キッチリとまぶしてください。
最近こい味好きの人多いので、ここもまんべんなくできるようにしたほうがいいかもしれませんね。
逆に素材の味をできるだけ楽しみたい方は、調味料を混ぜ合わせたパン粉を軽めに塗ってあげるといいかと思います。

4.オーブントースターで焼いていく

オーブントースターを使ってエビをじっくり焼いていきましょう。
焼き加減の目安は、パン粉がこげ茶色になっておいしそうな感じになってからです。
焼いている時が一番楽しみな気分になりますね。オーブントースターからエビのいい香りがしてきます。焼きあがったら出来上がりっ!

実食っ!

出来上がったのがこちらっ!

かなりおいしそうなものができました。
ちなみに、エビが一匹なのは、あまりにおいしそうだったので、写真を撮る前に食べてしまったからです……。
なんかごめんなさい。

つまみ食い事件のことはとりあえず置いておいて、食レポと行きましょうっ。
まずは箸で殻から身を取って、いただきます。

ぷりっぷりのエビにクレイジーソルトの塩加減がかなり合いますね。ちょっと塩が強すぎてしょっぱい感じになってしまいましたが、これはこれでありです。
また、パン粉のサクッとした触感がこれまたたまりませんね。

身は身でおいしかったですが、車エビのカラは意外と薄い、コレ、食べれそうだと思ったので、殻ごと身を食べてみました。

殻にもうまみがあってとてもおいしいです。エビの殻のせんべいとでも言いましょうか。サクッとした触感と、エビの身を噛み締めるたびに出てくるうまみが絡み合って、口の中でその存在を強烈に主張しているみたいにおいしいです。

いやあ、車エビ最高ですね。生のエビもそれはそれでおいしいですが、エビは焼きが最高過ぎますねっ!

まとめ

今回は、キロ単価で比べたら伊勢海老よりも高い高級エビである車エビを使って、クレイジーソルトのオーブン焼きを作ってみましたっ。
クレイジーソルトの塩っ気がエビの味をさらに際立たせていたような感じもします。
やっぱりエビはおいしいですねっ!
車エビは車エビでおいしいですが、こうなってくると伊勢海老も食べてみたくなりますね。たまに市場で見かけますが、最近はなかなかありません。
伊勢海老漁が10月~4月までらしいので、きっとチャンスがあると思っています。
見かけたら今度は伊勢海老にチャレンジしてみようかな!

という訳で、今回はここまで。おいしい食材に感謝をっ!
ごちそうさまでした!

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【きまぐれ流】生きた蝦蛄を購入できたのでカンジャン蝦蛄を作ってみたっ!

前にきまぐれクックの動画で、カンジャン蝦蛄を作っていました。新鮮な蝦蛄が手に入らないから作れないだろうなと思っていたら……ありましたよ、蝦蛄っ。生きている蝦蛄をゲットできたので、動画を見ながらカンジャン蝦蛄をつくってみましたっ!

【意外とこってり】カツオを肉のように扱ったらこうなったっ

カツオの柵と切り身を用意して、カツオ料理をすることに。とりあえず、小さい切り身は塩焼きにするとして、残り2つを肉のように扱った料理を作ってみた。一つはバターニンニク醤油、もう一つはローストフィッシュ? 出来上がったのは割と凄いものでした。

【デカいハギ購入!】薄造りにチャレンジしてみた!

デカいハギを買ってみました。ウスバハギという魚らしいです。捌いてみると大きな肝と真っ白い身が……。こりゃ薄造りにするしかないっ! という訳で素人がウスバハギの薄造りにチャレンジしてみました。

【定番はコレ】白身の魚で作る簡単フライがおいしすぎる‼

カレイってあまり捌いたことないな。五枚下しって難しそう、そう思ってなかなか手を出さなかったカレイを買ってみました。身が白く、とてもおいしそう。お刺身でもいいのですが、ちょっと揚げ物が食べたい気分だったのでフライを作ってみました。魚料理の定番。カレイではどんなお味?

【デカい!】おいしそうな平目を昆布〆にしておいしくいただく!

いつものように魚屋さんにいったらとてもとても大きな平目をお勧めされました。刺身でもおいしい、昆布〆でもおいしい、フライにしてもおいしいお魚。今回は昆布〆にしていこうと思います!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索