魚料理

【意外と簡単?】自作ルウで作るキングサーモンのクリーム煮込みがやばいっ

投稿日:

いつものように朝市にいったら面白いものが売っていたのでつい買ってしまいました。この時期は臨時収入があるのでウハウハですからね。お財布のひもが緩んでしまうのも仕方ありません。
という訳で、買ってきたのがこちらですっ!

ででん、キングサーモンです。
ぶっちゃけ、最初見た時にサーモンだとわかりませんでした。
サーモンってこんな感じのお魚なんですね。そういえば、だいぶ前に秋鮭を買って捌きました。
その時にも書いたかもしれませんが、鮭とサーモンって別の種類のお魚らしいんですよね。せっかくなんで見比べてみましょうっ。
という訳で、こちらが秋鮭です。

………………ちょっと待って。別の種類って聞いてたけどここまで違うのっ!
思わず声をあげたくなりますね。身の見た目はおんなじぐらいなのに、不思議ですよね。
あ、ちなみに、依然買った秋鮭は2キロちょっとですが、今回かったキングサーモンは4キロちょっとしています。
お値段は同じでキロ1700円ぐらいです。いやー、良い買い物をしました。

さてさて、このキングサーモンですが、これを使ってクリーム煮でも作ってみようと思います。
いやいや、ここはお刺身だろうと思うかもしれませんが……。

それはもう作りました。実においしかったです。普通のサーモンと大トロサーモン、そしてサーモンのたたき、全部最高でしたねっ。
ただ、意外と作るのが簡単すぎて、ブログにかけそうになかったのでとりあえず没にしました。動画だったら映えたかもしれませんが、まあその辺は置いておきましょう、うん。
そんなわけで、今回はクリーム煮を作っていこうと思いますっ!

調理開始っ!

今回使う材料はこちらっ!

ででーん、キングサーモン。
ここまで捌くと市販で売っている奴そっくりになりますね。
残りの材料はこちらっ!


【キングサーモンのクリーム煮】

  • 材料
    • キングサーモンの切り身  :2切れ
    • バター          :10g
    • 小麦粉          :10g
    • 洋風の粉末出汁      :スティック1/3ぐらい

今回作るのは、なんちゃってクリーム煮です。特に難しいことはせず、バターと小麦粉でルウを作り、出汁を入れて切り身を煮込むだけ。本当はほかの野菜とか入れてもいいと思うんですが、今回は置いておきましょう。ただのクリーム煮、早速作っていきますね!

1.バターを溶かして小麦粉を加える

今回は切り身として捌いたキングサーモンを使うので、魚側の下処理はほとんどしません。なのでまず、ルウを作りましょう。

ルウの作り方はとても簡単です。バターと小麦粉を1対1ぐらいの比率で火にかけながら混ぜるだけです。
ちなみに、このルウにスパイスを混ぜたのがカレールウですね。カレールウは何度かやってかなり失敗しているので……。あれは素人が出すべきじゃないです……。

まあいいや、余談は置いておきまして。
鍋にバターを溶かします。その後に小麦粉をゆっくりと入れて、丁寧に混ぜ合わせます。これでルウの完成です。

2.牛乳を加えてソースを作る

良い感じにルウができましたら粉末出汁と牛乳を加えていきましょう。牛乳は良い感じに調整しながら入れてください。ルウの分量によってはホワイトソースのようにドロドロになります。まあそれが好きな人もいるかもしれませんが。これからサーモンを煮詰めるので、ある程度水っぽくした方が焦げなくていいかと思われです。粉末出汁が良い感じに溶けてちょっと水っぽいシチューになったら準備完了っ! あとはサーモンを煮詰めていくだけですっ!

3.サーモンを煮込んでいく

後はサーモンをぶち込んで煮込んでいくだけです。ここに具材を入れてシチュー風にしてもおいしいかもしれませんが、今回はサーモンのみで行きたいと思います。煮えたら……完成っ!

実食っ!

という訳で完成したのがこちらっ!

ちょっと見た目が不格好なのと、ダマが少しできてしまったのがとても残念ですが、まあいい感じにできたんじゃないでしょうか。
クリーム煮って意外とおいしいんですが、今回はどうでしょうか。
早速食べてみます。

では、いただきますっ!

皮をぺろりと剥いてみると……脂すげぇ。
これ絶対においしいと思いながら大きな切り身をパクリ。

うん、サーモンが最高ですね。めちゃくちゃおいしいです。元々居酒屋や寿司屋が使う脂の乗ったサーモンを贅沢に使っちゃってますからね。
こりゃ上手いに決まってます。

コンソメの効いたホワイトソースのようなものとの相性はかなりいいですね。やっぱりサーモン系は洋風の煮込みがすごく合うと思いましたっ。
うん、めちゃくちゃおいしいっ!

まとめ

今回はキングサーモンを捌いてクリーム煮を作ってみました。
いや、にしてもサーモンと鮭って全然違う魚なんですね。知らなかったです。
種類が違うということは知っていましたが、見た目などかなり近いだろうと思っていました。まさか見た目まであんなに違うなんて……。

でもおいしさは同じですね。いや、調理によってはってところもありますが。
前に食べた秋鮭も今回食べたキングサーモンも、とっても美味しかったです。
それに、サーモン系と言えばいいんでしょうか。鮭やサーモンはクリーム煮がとても合います。
ちょっと違うサーモン料理をしたいと思うのなら、一度チャレンジしてみることをお勧めします。
うん、絶対においしいからっ!
という訳で今回はここまで。
今回もごちそうさまでしたっ!

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年9月3日【簡単おいしいっ! サワラとカンパチの中華風餡かけ】

2019年9月3日。カンパチとサワラと使って何か作ろうとしたとき、ふと中華風のお魚料理を食べたいと思いました。タラなどの白身を使った餡かけレシピはたくさんあったけど、カンパチとサワラは見つからず。なのでチャレンジしてみたらめちゃくちゃおいしいのができましたっ!

【めんつゆ最強説】めんつゆベースの漬け丼がおいしすぎてヤバい件

前に、とっても美味しいひゅうが飯を作りました。あまりにおいしすぎてペロッと完食。そこでふと思います。めんつゆをベースに漬けタレなんて作ったら、最高においしいものができるんじゃないかと。という訳で、市場で買ったお魚で、手軽に作れる漬け丼を作っていきますっ。

【干物は無限の可能性】自家製ホッケの干物を作って食べてみたっ

ホッケが魚屋さんで300円で売ってました。生では食べれないらしいですが、かなり安いですよね。あまりにも安すぎてちょっとびっくりです。激安なホッケ、それを外で干して干物にして食べてみました。干物って作るの簡単。しかもうまみが凝縮するので絶品ですよっ!

【手軽に作れる】カンパチとカツオの魚焼肉丼っ!

カンパチは味が強く、カツオは火を通すと肉っぽい触感が、そんな理由で作ってみた焼肉丼。焼肉のたれが絡まったお魚たちはまるで肉のようにおいしい。さっと作れるところが魅力かもしれない丼ものです。

2019年8月20日【焼くと肉っぽく感じたのでカツオでハンバーグを作ってみたっ!】

2019年8月20日。前に食べた焼きカツオ。触感が完全に肉でした。今回はその肉っぽい味わいに期待して、カツオのハンバーグを作りましたっ! どうしよう、コレ肉で作ったハンバーグと同じくらいおいしい。ぜひ、試してほしいです。

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索