魚料理

【きまぐれクック】イトウを捌く動画でシャケがおいしいと連呼していたので秋鮭を買ってみたっ

投稿日:

イトウというお魚を捌いている動画を見ました。すぐに値段を調べたら、18000円ぐらいするらしいですね。そこそこの値段がしますね。僕もそんなお魚を手軽に買えるようになりたいものです。まあ、週一でいい魚買っているんですけどね……。

そんなことはさておいて、その動画を見ている時、きまぐれクックのかねこさんがこう言うわけですよ。

「今の時期は鮭がおいしいですからね」

確かに、どこのスーパーの魚売り場に行っても、秋鮭のコーナーが確保されています。すじこにシャケの白子も売ってました。

動画で何回もおいしいと連呼され、スーパーでもたくさん売っているなら鮭を買って作るしかないですよね。だっておいしいもの食べたいですしっ!
という訳で、こんなものを買ってきましたっ。

そう、秋鮭ですっ。
こういう時、普通なら、「秋鮭がおいしいと動画で連呼するのでスーパーで買ってきました」的なことをすると思うんですが、僕はやっぱり捌くところからやりたいので一匹買いましたっ。
ちなみにこれで2キロ越えサイズ、3500円ですっ。結構安いですね、鮭って。

オスの秋鮭を買ってきたので、すじこは入ってません。入っているのはおいしい白子ですね。
いくらとかで楽しむのもありなんですけど、旬の時期なら身を楽しみたいですよね。卵に栄養取られる分、雌って身の味が若干落ちるんです。だから店の人も、身を楽しむなら雄がいいよとオススメされたので、買いましたっ。

正直、鮭を捌くのって初めてなんですよね。なんか思っていたよりも表面がヌルヌルしている。うえ、捌きにくい。
ちょっといらない豆知識ですが、鮭とサーモンは別の種類の魚です。そして鮭は刺身で食べられません。サーモンは生食OKですね。まあ、冷凍処理すれば鮭も生で食べれるらしいです。けど、危険はあるかもなので、自己責任でお願いですっ。僕はやる予定。

さて、秋鮭が手に入ったので、動画でやっていたあのホイール焼きを作ろう、そう思ったんですがね。
でも白子があるじゃないですか。白子の天ぷら、おいしいですよね。
内臓系を後回しにするのはなんか怖いので早く食べたい。という訳で、今回は天ぷらにしようと思いますっ。
ホイール焼きはまた今度。早速作っていきましょうっ。

調理開始っ!

という訳で、今回使う食材がこちらっ!

秋鮭の身と白子、そして皮を天ぷらにしたいと思います。
大した材料は使ってませんが、こんな感じ。


【鮭の白子と身の天ぷら】

  • 材料
    • 鮭の身        :適当
    • 鮭の皮        :適当
    • 鮭の白子       :二つ
    • 天ぷら粉       :200g
    • 水          :360㏄

正直に言います。
鮭の天ぷら作るために、てんぷら粉と水はそこまでいりません。
ですが、家庭で作るなら、鮭の天ぷらだけじゃ物足りないですよね。
なので、シイタケやししとうなどの野菜天ぷらも作っています。
ちなみに4人前ぐらい作っているので……。まあそこそこ時間がかかりましたが。野菜天ぷらのあたりはカット、と言うことで……。
早速作っていきます。

1.白子をカットする

まず、白子をある程度の大きさにカットしましょう。
あ、ちなみになんですけど、秋鮭を捌く段階で下処理済なので、切って、衣つけて揚げるだけなんですね。

下処理でしたことは、血管を取ってお酒、水を一対一ぐらいの割合で混ぜたものに漬けこんだぐらいですね。
お酒で漬けるとにおいも取れていいんですが、つけすぎるとお酒臭いというか、お酒の味が染みてしまいますので、少し水を混ぜてあげるといいかもだと思っています。

2.打ち粉を付けて衣をつけていく

水分の多いものは、まず打ち粉を付けてください。余計な水分のせいで衣のノリが悪くなるので、最初に粉を付けて水気を取るのが一般的な天ぷらの作り方です。多分家庭で海老天とか作る時にやるのではないでしょうか。水気を取ることで、油が跳ねるのをある程度抑えられますし、いいこと尽くしですね。
白子も水気は多いので、念のためというか、一応やっておこうと思ってやってます。

鮭の身と皮も同様に衣につけていきます。

どぼんと入れて写真を撮っているのでアレですが……。
衣を絡めて、油に投入します。にしても、綺麗なオレンジ色。この段階ですごくおいしそうですね。

3.油でさくっと揚げていく

衣をつけたら油へぽーんっ。
ドンドン揚げていきましょう。水気がいい感じに飛ぶと、油にぷかっと浮いてきて、泡が少なくなります。そのぐらいになったらいい感じに揚がった証拠。さっと揚げて、油をきりましょう。アツアツの内にお皿に盛れば出来上がり。
今回はいい感じにできた、と思いますっ!

実食っ!

という訳で、完成したのがこちらっ。

普通においしそうなのができました。
白子の天ぷらって、タラのやつしか食べたことないんですよね。それに、鮭の天ぷらも初です。

ぶっちゃけた話、近場に鮭とかタラが買えちゃうような市場や魚屋さんがなければ、魚捌きにチャレンジしようとなんて思わなかったです。きまぐれクックさんには感謝感謝。

白子から食べてみましょう。いただきます。

うん、ふわっふわ。めちゃくちゃおいしい。ちょっと塩を振ったのですが、それが天ぷらをさらにおいしくさせています。それにしても、鮭の白子ってこんなにおいしいんですね。

切り身の天ぷらもいただいてみましょう。
身がすごくおいしい。やっぱり身は雄の方がおいしいんですね。まあ、秋じゃけは雌も雄もおいしいと思うんですが、今回買った秋鮭はさらにしっかりとした味がします。うまいっ!
ぶっちゃけ、鮭の天ぷらは最高ですっ。

まとめ

今回は、秋鮭を一匹まるまるかって、天ぷらにしてみました。
この秋鮭、店の人に仕入れてもらいました。多分通販とかで買うと、もう少し高くなるんじゃないでしょうか。
値段は一匹3500円。ちなみに銀聖というブランド鮭です。

何度も言うようですが、サーモンと鮭は違いますので、この銀聖という秋鮭は生食できません。
鮭はアニサキスなどの危険がありますので。アレです、サバと一緒。
多分冷凍処理すればいけると思うので、今度チャレンジしてみようかと思います。
鮭の切り身はまだたくさんあります。さてさて、今度は何を作ろうかな。

今回もごちそうさまでした。

-魚料理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8月23日【最後のカツオは皆大好き自家製ツナでおいしくいただくっ!】

2019年8月23日。最後のカツオの柵を今日、おいしくいただこうと思います。何を作ろうと考えた時、真っ先に出てきたのがツナ缶でした。よし、自家製ツナを作ろう……と言うことでやってみたら、かなり簡単でしたっ。家で簡単に作れてしかもおいしいので、ぜひ試してみてくださいっ!

【ぷるっぷる鍋】アンコウが安く買えたのでアンコウ鍋を作ってみたっ!

いつも通り魚屋さんに行くと、君のために仕入れておいたよっと、一匹のアンコウが置かれていました。値段は一匹1500円。安いっ! ちなみに捌かれた状態ではもう少し高いです……。
せっかくなのでアンコウを捌いてみて、初めてアンコウ鍋にチャレンジっ。アンコウ、すごくおいしすぎて驚きました……。

【手抜きじゃないよ】キッチンが狭いので出汁茶漬け作った!

堺にいるので包丁を買いました。600年近い歴史のある包丁。買っちゃいましたよ。なので早速使いたいと思ったのですが……キッチンが狭い! なのでカンパチを買ってきて、それでなんか作ろうと思います。広いキッチンが恋しいです……。

2019年8月9日【最後のマグロとサメカレイをおいしくいただきましたっ】

2019年8月9日。冷凍この中を見ると、あれだけたくさんあったマグロとサメカレイがちょっとしかありませんでした。最後までおいしく食べよう、と言うことで串焼きとなめろうをつくりましたっ!

【絶品】タラの白子を天ぷらでおいしくいただくっ!

もう12月。肌寒くなってきました。こんな時期に食べたいものと言えば、やっぱり鍋っ。そう思ってタラを買ってきました。捌いてみると、白子がたくさんっ。こりゃ天ぷらも作るしかないっ! という訳でタラの白子の天ぷらを作ってみましたっ。