魚料理

【刺身なら何でもOK】簡単旨いひゅうが飯を作ってみたっ‼

投稿日:

バズレシピという料理本を出している料理研究家のリュウジさんをご存知ですか?
そう、あのじゃがアリコを作った人です。よくツイッターでお手軽な料理を配信しています。
僕も良くそのツイートを見て、作ってみようと思ったツイートをブックマークしています。その中で、だいぶ前に手軽に作れるひゅうが飯のツイートがありました。
これ、めちゃくちゃおいしそう……と思っていたのですが、今まで作らず。
この際なので、仕入れたお魚を使ってひゅうが飯を作ろうかなと思います。

今回仕入れたのはこちらっ!

一匹目はオナガダイ。キロ2800円の高級魚です。うん、めっちゃ高い。このサイズだと大体2キロちょっとありますね。この魚、南の方の魚っぽくて、沖縄の三大高級魚の一つだとななんだとか、そんな話を聞いたことがあります。
触った感じ身も厚く、脂もありそう。こりゃ美味しいと思いますよ。

二匹目はこちらっ!

アカヤガラです。全長が大きすぎるのでこんな写真しか取れなかったですよ。
なんでこんなにでかいんですかね。しかも口が長すぎ。
鰓の後ろアタリも固い何かがあって捌きにくそう。でもこれはこれでおいしいらしいです。
何せこれを買おうとしたとき、隣で居酒屋を経営している人が迷ってた感じでしたから。
ちなみにこの魚、このサイズで800円しました。
こりゃ安い。

最後にこいつも使いましょう。

ヘダイです。ちょっと気になって試しに買ってみました。
刺身でおいしいと聞いたのでつい購入。しかもお値段400円。安すぎですよ。
顔もなんだかかわいいですね。
まあこれからおいしくいただくわけですが……。
さてさて、このお魚たちを使って、おいしく料理をしていきたいと思います‼

調理開始っ!

今回使っていく材料はこちらっ。

メインの食材は、アカヤガラ、オナガダイ、ヘダイです。ブログですと、三枚におろすさまを写真で表現するのが難しく、捌き終わった後のもので作り方を紹介したいと思います。
ひゅうが飯は主にアジなどの光物で作られることが多いそうですが、刺身なら何でもOKと言うことで、ちょっと変わった食材を使って作ろうと思いました。
正直、スーパーで売っている柵を買ってきて、好みの厚さに切ってもらい、作ってもらえればと思います。
気になるほかの材料はこちらっ。


  • 材料
    • ヘダイ          :刺身は合計
    • アカヤガラ        :200gぐらい
    • オナガダイ        :
    • 麺つゆ(三倍濃度のやつ)   :大匙4杯
    • 醤油           :大匙2杯
    • 卵黄           :二つ
    • 大葉           :お好みで
    • 白ごま          :お好みで

大体このぐらいです。リュウジさんのツイートでは半分の分量で書いてありましたが、今回用意した刺身が200gになってしまったので、その倍の量で材料リストを書いています。
刺身の分量が増えるにつれて、漬けタレの材料を増やせばそれでOK。

早速作っていきましょうっ。

1.刺身をいい感じのサイズに切り分ける

切り身で買った場合は特にすることないですが、柵で買ってきた場合は、先に切り分けておきましょう。柵で漬けるとそれなりに時間がかかるので、時間短縮の意味も込めて刺身でやっているのだと僕は思っています。

一般的な漬けを作る時、柵だと2時間ちょっと、刺身だと30分ぐらいつければOKって感じですね。

2.漬けタレに漬けこんでいく

切り身をボウルに入れて、3倍濃縮の麺つゆを大匙4杯、醤油を大匙2杯、卵黄を二つ入れて混ぜていきます。

いい感じに混ざったら、30分ほど放置。正直この状態ですでにおいしそうというね。まあ、しっかり漬かるまで待ちましょう。
30分経ったら、どんぶりにご飯を入れて、その上に刺身を並べ、大葉、軽くゴマを振れば完成。御飯にタレをかけるとさらにおいしくなりますよっ!

実食っ!

完成したのがこちらっ。

見た目はめちゃくちゃおいしそうにできました。
ゴマと大葉がいい感じに乗っていて見栄えもいいです。刺身をもう少し綺麗に並べたら飲食店に出せそうな気がします。
では早速いただいていきましょう。

さて、色が近い感じになってしまったので、どれがどれだか見分けがつきにくいですが、たぶんアカヤガラから食べていきます。

流石と言ったところでしょうか。アカヤガラ、めちゃくちゃおいしいです。どうしてあの長い口の魚がこんなにおいしいんですかね。きっと、素でかなりおいしいアカヤガラが、卵とたれのうまみを吸ってさらにうまい刺身に昇華したということでしょうか。

ヘダイ、オナガダイも同じくパクリと食べて……うん、おいしいね。
ヘダイは思ったより脂がありますね。小さめでかなり安かったんですが、これだけ強い味を持っているなら、得した気分になりますね。

今回は最高のご飯ができたような気がします。

まとめ

今回は、バズレシピのリュウジさんがツイッターで紹介していた、ひゅうが飯を作ってみました。卵のうまみと刺身のうまみが絡まって、めちゃくちゃおいしかったです。

しかも一番いいのが、作り方がとても簡単というところですね。
魚捌くのはちょっと大変ですが、市販のモノなら柵を買えば十分ですので。
今回は、アカヤガラ、ヘダイ、オナガダイと言った、絶対に売ってなさそうな魚で作りましたが、普通の魚でもチャレンジしてみたいですね。

ふう、ごちそうさまでしたっ。

-魚料理
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【今が安い】サンマよりも安くなったニシンで南蛮漬けを作ってみたっ

最近、サンマの漁獲量が低くなっているせいで値段が高くなっていますね。一匹180円以上が当たり前、昔はもっとやすかったのに……そう思ってしまいます。そんなさんまの横に、ニシンに一匹75円のニシンがっ! さんまの代わりに他が安く。今が買いっ。安い魚でおいしい南蛮漬けを作ってみましたっ!

【手軽に作れる】クロダイのムニエルがおいしすぎる件

土曜日の仕入れの日に購入したクロダイ。ハラミの部分は皮引きが難しそうなので焼きように取っておきました。クロダイのハラミを贅沢にムニエルにしてみたら、めちゃくちゃおいしいんですが! 鯛系のお魚はムニエルがすごく合いますのでお勧めですっ。

【市場評価低?】実はおいしいシイラで南蛮漬けを作ってみた

今週もいつものように魚屋さんに行ったら珍しいお魚が置いてありました。その名もシイラ。市場評価は低いらしいですが南の方では一般的に食べられるお魚です。今回はきまぐれクックの動画を見ておいしそうだと思った南蛮漬けを作っていこうと思います。

2019年8月19日【試しに作ったタイの西京焼きがおいしすぎてやばい】

この前の土曜日に、本当はサワラの西京焼きの仕込みをして今日食べようと思っていました。でも、台風の影響でサワラがない。なのでサワラの代わりにタイを使って西京焼きを作って食べてみたら、めちゃくちゃおいしいのが出来ました。簡単に作れるので是非とも試してほしい一品ですっ!

【夏バテ防止】ニンニク入りカンパチの漬け丼を作ってみた!

いつものようにお魚屋さんに行って魚を買ってきました。
10キロのブリを進められたんですが、だいぶ前に買ったマグロが後3柵ぐらい残っているので買えませんでした……。でもその代わりに、脂ののったカンパチを購入っ。今回はカンパチを使って夏バテ防止できそうな漬け丼を作っていきますっ。

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索