魚料理

【干物は無限の可能性】自家製ホッケの干物を作って食べてみたっ

投稿日:

この前仕入れに行ったとき、めちゃくちゃ安い魚がいました。

そう、ホッケ君です。1匹300円。めちゃくちゃ安い。それにそこそこ大きいんですよね。スーパーで値段見ると、大体500円。200円得した感じがします。

見も厚くて、脂ものっていそうです。旬すぎてるっぽいですけどね。最近厚いですから、環境の変化でまだおいしい状態を保っていたりして。
まあその辺は置いておきましょうか。

今回は、このホッケを贅沢にも干物にして、おいしくいただこうと思います。
まずは干物の作り方から、行ってみようっ!

簡単干物の作り方!

干物作りはとても簡単です。魚を開いて、塩水、または醤油につけて、外で干すだけです。ピチットシートでもおいしい干物は作れますが、僕的にはお外で作りたいですね。一夜干しぐらいならすぐにできると思います。
ただ、いくつか注意点がありますので、そこら辺を紹介がてら、手順を書いていきたいと思いますっ!

1.ホッケを開く

今回は雀開きというやり方をしました。背中から頭までぱっくり割るやり方ですね。ざっくりと簡単に説明します。

まず、ホッケの鰓を取ります。これがにおいの原因ですし、魚が不味くなる原因にもなりますので、いらないところはポイします。
そして、背中から切り込みを入れて、二枚下しをするように捌いていきます。骨も抜けて下のみもある程度捌き終わったら、頭を割って開いてください。

これだけ聞くと簡単そうですが、結構難しいですよ。
特に頭。細い普通の包丁だととても危険です。固い場所を捌くときは出刃包丁を使いましょう。

魚を開き終わったら、塩水に30分ぐらい漬けます。
この時、みりん醤油につけたりお酒につけたり、いろんなやり方があります。
味付けは自分の好みでお願いしますねっ。

2.ホッケを干していく

ネットにホッケを入れて外に出しましょう。
別にピチットシートでもいいんですが、天気のいい日は外の方が楽ですし、作り方によってはおいしくなりそうです。

大体1日ほど外に干せば大丈夫ですね。湿気が多かったりするとかびたりする恐れがあるので、干すときは天気のいい日を選びましょう。
いい感じに干物っぽくなったら完成ですっ!

調理開始っ!

自家製干物ができましたら、早速調理していきましょうっ。
今回使う材料はこちらっ。

いい感じに仕上がっている自家製ホッケの干物っ。
使う材料はこれだけにしようと思います。
今回は何も考えずこのまま焼いて食べようとおもいます。

お魚グリルにセットっ!
おいしくなーれと願いながら、弱火で両面8分ずつ、じっくりと焼いていきます。

魚も肉もそうですが、ゆっくり、ゆっくり焼いていった方がおいしく焼きあがると思います。
早く食べたいと思って強火でやると、中までしっかり火が通っていない時があるんですよね。とても残念。
何を言いたいかと言えば、弱火で作る料理って何かとおいしいということです。
魚が焼けたら完成っ。

実食っ!

完成したのがこちら。

これはこれでなかなかだと思います。
焦げ目もいい感じでおいしそうっ。

では早速、いただきますっ。
ほくほくの身をパクリと食べて、うまあああああああああい!

塩水で漬ける以外に味付けをしていないおかげか、素材の味がぎゅっと詰まった干物になりました。元々脂があったいいホッケでしたので、うまみがすごい。パクパクと食べてしまいそうです。
ご飯と一緒に食べるとなおさらうまい。何でしょうか、干物ってすごいですね。干すだけでここまでおいしくなるなんて。
控えめに言って、最高です。

まとめ

今回はホッケを使って自分で干物を作ってみました。これがすごくおいしいの。今回は単純な塩水で作りましたが、味付けするときに、みりんやお酒などを使うことで、いろいろな味を作ることが出来ます。

ある意味で奥深いですね。味の好みは人それぞれ分かれるもの。いろんな干物を作って、おいしいを追求していきたいと思います。とりあえず、余さげな干物を真似して、最終的にはオリジナルの最高の干物が作れたら、なんだか楽しくなりそうですね。

今回もごちそうさまでした。

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8月20日【焼くと肉っぽく感じたのでカツオでハンバーグを作ってみたっ!】

2019年8月20日。前に食べた焼きカツオ。触感が完全に肉でした。今回はその肉っぽい味わいに期待して、カツオのハンバーグを作りましたっ! どうしよう、コレ肉で作ったハンバーグと同じくらいおいしい。ぜひ、試してほしいです。

2019年8月16日【仕事が大変だったので、クロムツとキンメダイの兜煮作ったっ】

2019年8月16日。朝、今日は何を作ろうかと楽しみにしていたのですが、仕事が長引いて長引いて。終わったの20時30分。出先が家まで約3時間。何とか日付が変わる前に帰ることが出来ました。仕事がとても疲れたので、とりあえず兜煮を作ろうと思いますっ!

【きまぐれ流】銀色に輝くあのお魚で干物を作ってみたっ

市場に行ったら銀色に輝くあのお魚が売っていました。そして最近youtebeで同じ魚の干物を作っている動画を見ました。どうせならあの干物を再現しよう。材料は、全てそろったっ! と言うことで、今回は銀色に輝くあの干物を作っていきますっ。

2019年8月8日【今日もマグロ祭りだぞっ!】

冷凍庫の中を見ると、マグロがたくさんあった。そうだ、マグロ祭りをしよう。今日はマグロだーっ! というテンションで、マグロ料理をたくさん作りましたっ!

2019年8月29日【食べ比べっ!同じお酢で〆た、サバ、スズキ、サワラのお味はいかにっ!】

2019 年8月29日。また〆鯖を作りました。その時、〆鯖以外にお酢で〆た刺身って何があってっけと思いまして。そこで何も思いつかず、ないなら作ってみようということで、サワラとスズキもお酢で〆てみました。さてさて、お味はいかに。