魚料理

【これを焼かなきゃ勿体ない】イカ肝を使ったおいしい食べ方

投稿日:

お盆の時期に全く休めなかった分、お仕事休みにしたので市場に行こうと思ったのですが、残念なことに車がつかえませんでした。ちょっと別件で使われてしまうので、市場には……てな感じです。
なので今回はスーパーのお魚で何か料理をしようと思って材料を探してみたところ、おいしそうなアワビとスルメイカを発見しました。

イカ……そういえばワタ焼きなんていう料理があったのを思い出して即購入。今回はお酒に合いそうな、そんな料理を作っていきたいと思いますっ!

調理開始っ!

今回使う材料がこちらっ!

イカ、アワビ、ついでに最後の甘鯛です。細かい材料の詳細を書こうと思ったんですが、今回はこれしか使ってませんね。いや、ほんだしなど、チョコと使っていますが、その程度ですので……。

サクッと作っていきましょうっ。

1.イカを捌いていく

イカはざっくりと捌いて肝を取りましょう。買ったイカにはたくさんの寄生虫がいました。やべー。

ネットで調べると、一応無害な寄生虫ら良いのですが、安全だからと言って一緒に食べる気はしないので、見つけ次第撤去します。
適当にさばいて、吸盤を取ります。ここにも虫がいたっ! こりゃ刺身とかじゃ絶対に食べられない奴ですね。

2.イカを焼く

イカをトースターで焼いていきます。
肝はアルミホイルに入れてホイル焼きみたいにします。
絡めて作るやり方もありますが、買ったイカの肝が小さかったので、つけて食べる感じにしよと思います。焼けたら完成っ!
アワビなんかも適当に切って盛り付けて調理完了ですっ!

実食っ!

完成したのがこちら。

焼きイカと肝のホイル焼き、甘鯛のお吸い物、アワビのお刺身にアワビの肝ポン酢です。肝は生食不安だったので、茹でました。

さてさて、どんなお味がするのでしょうか。まずはイカから、いただきます。

焼いた肝を付けてパクリと、いただきます。
凄く癖の強い味ですね。濃い目な感じが癖になりそうです。うん、おいしいっ。
とにかくお酒がすごく合いそうな味でした。

アワビもついでに、パクリっと。
何でしょうか、とてもコリコリしていておいしいです。ですがこの前食べたサザエの刺身よりは柔らかいような……。貝類のお刺身ってなんでこんなにもおいしいんでしょうね。

まとめ

今回はスーパーで買ったイカを使ってイカの肝焼きもどきを作ってみました。
それなりにおいしかったですが、肝が小さく、また虫もいっぱいいたので、そこだけが残念だったような気がします。

手軽でいい感じのおつまみになりそうなので、また作りたいですよね。

今日もごちそうさまでした。

-魚料理
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【干物は無限の可能性】自家製ホッケの干物を作って食べてみたっ

ホッケが魚屋さんで300円で売ってました。生では食べれないらしいですが、かなり安いですよね。あまりにも安すぎてちょっとびっくりです。激安なホッケ、それを外で干して干物にして食べてみました。干物って作るの簡単。しかもうまみが凝縮するので絶品ですよっ!

【そろそろ時期?】サンマの塩焼きが食べたくなったので買ってきた!

いつもの魚屋さんに行ってみたら、立派なさんまが売っていました。これは凄い。絶対に買いですよ! って魚を見つけました。サンマです。
最近のさんまは超高級魚になってきましたね。昔は安かったのに今ではスーパーで1匹400円です。
でも秋だからこそさんまが食べたいっ! という訳で今回はさんまの塩焼きを作っていきますっ!

【大物】魚屋に大きな尾長鯛があったのでポワレ作りますっ!

コロナで外出自粛と言われつつ、いつものように魚を買いに行きました。ぶっちゃけ、これ以外に外でない。食材を購入するべく見てみたら立派な尾長鯛を見つけましたので、今回は尾長鯛のポワレを作ってみようと思います!

2019年8月31日【ノリと勢いで買ったカンパチでカルパッチョを作ってみたっ!】

2019年8月31日。昨日お酒を飲んでしまったせいで市場にいけませんでした。なので近くの鮮魚店に言ったら……結構立派なカンパチが置いてありました。ノリと勢いで購入、とてもおいしそうだったので、カルパッチョにしてみましたっ!

【きまぐれ流】生きた蝦蛄を購入できたのでカンジャン蝦蛄を作ってみたっ!

前にきまぐれクックの動画で、カンジャン蝦蛄を作っていました。新鮮な蝦蛄が手に入らないから作れないだろうなと思っていたら……ありましたよ、蝦蛄っ。生きている蝦蛄をゲットできたので、動画を見ながらカンジャン蝦蛄をつくってみましたっ!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索