魚料理

【意外とこってり】カツオを肉のように扱ったらこうなったっ

投稿日:

カツオの柵を半分と2枚の切り身を解凍しました。
ですが今日はいったい何を作ればいいのか分かりません。おう、今日の夕食は牛丼にするんだった。せっかくクリーム煮を作ろうと思っていたのに……。

作ろうと思っていた計画がダメになってしまったので、さてどうしようと頭を悩ませました。料理ってなんとなくで思いつくものなんですが、いざ考えるとなかなか出てこないんですよね。

結局何も思いつかない、どうしようとなった時、ふと頭の中に何かが降りてきました。
よし、あれを作ろう。という訳でやっていきます。

2.調理開始っ!

本日使う食材はこちら。

メイン食材はカツオです。冷蔵庫にたくさん入っているすだちも使いたいので、一品は焼きを作ろうかな。あと二品はアレを作ります。
という訳で、今回使う材料はこんな感じ。


  • 材料
    • カツオ
    • ブラックペッパー
    • バター
    • ニンニク
    • ステーキ醤油タレ
    • すだち

これらを使って3品作っていきたいと思います。

1品目:カツオの塩焼き
2品目:カツオのバターニンニク醤油炒め
3品目:カツオのローストフィッシュ

3品目だけが若干意味不明っぽい感じがしますね。実はコレ、ローストビーフのアレンジ料理になります。
要はフィッシュでローストビーフを作ろうぜ適なノリでやっていますので、ぶっちゃけおいしくできるかわかりません。おいしくなりますように。
という訳で、早速作っていきましょう。

1.塩をまぶして焼く

最初は塩焼きからやっていきます。今回はトースターで焼いますので、トレイにアルミを敷いてください。そのうえにカツオを乗せて塩をまぶします。
後は適当に焼くだけ。塩焼きは簡単でいいですね。

2.ブラックペッパーをまぶして馴染ませる。

次にローストフィッシュの下準備です。ブラックペッパーをまぶして馴染ませましょう。こうやって見ると本当に肉みたいに見えますが、魚なんですよね。おいしくなーれ!

2.切り身を一口サイズに切り分け、フライパンで焼いていく。

大きな切り身を一口サイズに切り分けます。
フライパンにバターを溶かし、にんにくチューブのニンニクを加えて一緒に炒めます。
ある程度フライパンが温まってきたところで、切り身を投入。いい感じに温まるまで待ちます。

ある程度火が通ったら、ステーキ醤油を加えてさらに炒めます。ちょっとタレがドロッとしてきますので、そうしたらお皿に盛り付けて完成。

3.表面を焼いていく

まず、フライパンで表面だけをこんがり焼いていきます。大体片面30秒ぐらいでいいと思います。もしかしたらそれでも長いかも。
感覚でいいです。イメージはたたきを作る感じで。

4.アルミホイルに包んで65度ちょいのお湯でゆでる。

家庭でできる一般的なローストビーフの作り方と一緒です。
表面を焼いたカツオにラップを巻き、その上にアルミホイールを巻きます。
そして65~70度ちょっとのお湯でゆでていきます。ここでポイント。

温度調整はかなり大切です。

ここを間違えると、火がと通り過ぎたりしてしまいます。また肉の場合は、70度以上で、タンパク質が壊れるんでしたっけ。その関係で肉が固くなって行ったりします。
湯加減と時間には注意しましょう。
と言いたいところなのですが、カツオはどうすればいいのか分からない。
第一、どれぐらい茹でればいいんでしょうかね。

普通、ローストビーフを作る時は、30分湯がいて、30分余熱で熱を通して完成になります。
今回はそうですね。15分ぐらいでやってみましょうか。

5.切り分ける

湯がき終わったらアルミホイルなどを取り外してください。
見た目は何でしょうか、ハムっぽく見える気がします。
こいつを切り分けてお皿に並べたら完成っ。

実食っ!

完成したのがこちら。

なかなかおいしそうにできました。
特にバターニンニク醤油がやばいです。早速いただいていきましょう。
まずは塩焼きから。

すだちをちょっとかけて、いただきます。
皮なんて気にせず豪快にパクリっ!

うん、普通においしい。というか安定のおいしさって感じがしますね。鶏肉のささみを塩焼きにして食べている気分になってきます。
次に行ってみましょうっ

これ、かなりおいしそうにできたんですよね。一番匂いもいいです。
タレにしっかりと絡めて……いただきますっ。

めっちゃうまい。ニンニクがすごく効いていてご飯が欲しくなる味です。
ニンニクにバターと醤油が加わることで、一層深いというか、こってりというか、そんな味になっています。何でしょう、ジャンクな感じにしてしまった気分とでも言いましょうか。

正直な話、これは肉で作るとめちゃくちゃおいしくなる。うん、今度作ろ。

気になるのはやっぱりこれですよね。ローストフィッシュ。思ったよりも熱の通りが良くて、やり過ぎてしまいました。僕のイメージでは、カツオのたたきよりもちょっと熱が入ったような感じだったんですが

とりあえず食べてみましょう、いただきます。

うん、上手い。うまいんだけど、ちょっともさっとした感じがとても残念、そんな気がしました。
ちょっと生っぽいところの方がおいしいですね。熱が通り過ぎた部分はぱさぱさした感じがしますので、ちょっと微妙な感じがします。
これはアレですね、どれだけ茹でればいいのかというところをもう少し見極める必要があるかもしれませんね。

まとめ

今日はカツオで3品作りました。
1品目はみんな大好き塩焼き。カツオの塩焼きなんでね、肉は鶏肉のように固く、さっぱりした脂が食べやすい感じがしました。安定のおいしさだと思います。

2品目はカツオのバターニンニク醤油。これがまたおいしいかったです。カツオでこれだけおいしいのなら、肉を使ったらどうなるんだって感じですよね。きっと罪なお味になるに違いありません。

そしてカツオのローストフィッシュ。これは要研究です。生っぽい部分は結構おいしかったですし、ブラックペッパーの味も聞いていて、夕食にぴったりだと思います。ですが、今回は熱を通し過ぎてしまい、少しぱさぱさになった感がありますね。
熱を加える時間をどうするか、ここを調節することで、もっとおいしくなるようような、そんな気がしました。

総合評価、うーん、70点ぐらいで。ローストフィッシュが残念でしたので、この点数です。
凄くおいしかった。今回もごちそうさまでした。

-魚料理
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【今が安い】サンマよりも安くなったニシンで南蛮漬けを作ってみたっ

最近、サンマの漁獲量が低くなっているせいで値段が高くなっていますね。一匹180円以上が当たり前、昔はもっとやすかったのに……そう思ってしまいます。そんなさんまの横に、ニシンに一匹75円のニシンがっ! さんまの代わりに他が安く。今が買いっ。安い魚でおいしい南蛮漬けを作ってみましたっ!

2019年8月27日【ちょっと洋風に、スズキのトマト煮込みを作ってみたっ!】

2019年8月27日。今日はサバの刺身と、スズキの切り身で何かを作ろうと思いました。今まで、塩焼きやムニエルは作ったことありますが、トマト煮込みは作ったことありません。今回はスズキでチャレンジしてみようと思います。食べたらめちゃくちゃおいしかったので、ぜひ作ってみてほしい一品です。

2019年9月3日【簡単おいしいっ! サワラとカンパチの中華風餡かけ】

2019年9月3日。カンパチとサワラと使って何か作ろうとしたとき、ふと中華風のお魚料理を食べたいと思いました。タラなどの白身を使った餡かけレシピはたくさんあったけど、カンパチとサワラは見つからず。なのでチャレンジしてみたらめちゃくちゃおいしいのができましたっ!

2019年9月5日【簡単おいしいっ!塩焼き魚丼とアラの中華風魚介白湯スープもどき】

2019 年9月5日。出汁茶漬けが食べたいと唐突に思いました。今日解凍したお魚は、カンパチ、サワラ、カンパチのカマ。カマで出汁を取ってお茶漬け……いや、中華風白湯もどきを作っても面白いかもしれない。というわけで、ノリと勢いで作ってみたら、とっても美味しいものができましたっ!

【悪いことですか?】メジマグロを発見したので漬け丼を作りました。

久々に帰ってきた関東。いつもの魚屋さんに直撃すると、メジマグロが売っていました。本マグロの小さいの、それがメジマグロです。価格もお手頃なので購入。今回はメジマグロを使って、おいしい漬け丼を作っていこうと思います。

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索