魚料理

【簡単美味しい】家庭で作れるカツオのたたき

投稿日:

全く関係ないですが、タイトルに日付を入れるのをやめてみます。
ぶっちゃけ、いつ何を作ったとかいらない情報ですよね、ごめんなさい。

まあそんなわけで、いつも行ってる鮮魚屋に行ってきました。
そこで何を買おうかと迷っていると、お店の人が「今日はいいカツオがあるよっ」と言われて見せてもらいました。
一般のお客さんもいる魚屋さん、珍しいお魚はありますが、さすがにおろしてあるだろう……と思ったんですが。
持ってきてもらったのは一匹のカツオ。サイズも大きく、とてもおいしそうです。

さて、カツオと言ったらやっぱりたたきですよね。
焼いて食べるとめちゃくちゃおいしいんですが、新鮮なうちは生で、たたきで食べたいですよね。
そんなわけで、今回はカツオのたたきを作っていきたいと思いますっ。

調理開始っ!

さて、今回の食材はこちら。

メイン食材はカツオ、というかたたきを作るので、材料はカツオと塩しか使いません。あとはお好みで調味料ですかね。
材料はこんな感じになります。


  • 材料
    • カツオ    :一柵
    • 塩      :3つまみぐらい
    • ニンニク   :一かけら
    • 万能ねぎ   :お好みで
    • ポン酢    :お好みで

意外と少ないですね。
というか、たたきを作る材料より薬味とたれの方が多いという……。
今回はカツオを一匹捌いて作りますが、市販で売られている柵で十分おいしいたたきが作れます。塩の分量なども調節できて、スーパーでたたきを買うよりも自分好みのものが作れると思いますのでっ。
では、早速作っていきましょう。

1.カツオを捌いていく

先に行っておきますが、家庭で手軽に作る場合は刺身用の柵を使ったほうがいいです。捌く工程が省かれて非常に楽に作れますのでっ!

まずはこのつぶらな瞳をしている頭を落とします。
この時、背中部分やヒレのあたりに固い皮があるので、削いでください。
まあ、ヒレとか邪魔だと感じるのであれば、頭を落としてから削ぐでも大丈夫だと思います。順番はどうでもいいですが、削ぐことだけは忘れないで下さいね。結構固いので食べた時に口の中に残って嫌な感じがしますので。

固い部分を軽くそいで、頭を落とし、内臓まで取りました。
少し寄生虫がいましたね。カツオは寄生虫が多くいる場合があります。アニサキスがいるという内容もネットで見たことありますが、まだ見たことありませんね。

今回見つけな寄生虫はテンタクラリアというらしいです。ちょっと触ってみましたが、白いヒルみたいな感じでしょうか。
一応、人間には無害らしいですので、これがいたところで食中毒になる心配はありません。僕が見た感じ、おなか部分にしかいないっぽいので、スーパーで売られているカツオでテンタクラリアを見かけることはないでしょう。
その辺はお店の人がしっかりと見ているはずですしね。
三枚におろして柵どりしていきます。

三枚におろしたのがこんな感じです。
ここまでくれば、ああ、なんか見たことあるな、って感じになりますよね。
今回は皮つきでたたきを作ろうと思います。別に皮なくてもいいんですけどね、カツオはちょっと難しいんです。皮が柔らかいので結構破けまして……。
皮を取るのは苦手なので、今回は付けるという訳です。
スーパーで売られている柵に皮はついていませんが、あるのとないので味が変わるわけではないので……その辺はご安心をっ。

2.塩をまぶして馴染ませる

ちょっとラップまでしてしまった写真なのでわかりずらいかもしれませんが……。

お皿に切った柵を移し、塩をまぶします。全体的にできたら裏面もまぶしていきましょう。
普通の作り方なら、この状態でガスバーナーで炙っていくのですが、今回は塩を馴染ませるために少し置いてみようかと思います。
塩をまぶしたカツオを焼くと、強烈なうま味が出てきます。カツオのたたきがめちゃくちゃおいしいのは、焼きの部分の味が強く、さっぱりとしたポン酢に合うからなんですよね。
じゃあ、塩を馴染ませたらどうなるのか、というのをやってみようと思います。
これはこれでおいしくなるのではないでしょうか。

3.炙って冷やす

きっとこの工程が家庭で出来ない部分になるんですよね。
動画などで見ると、多くの人がガスバーナーで炙っています。
家庭でも炙りを作りたいなと思った時、とある動画で、網とコンロを使って炙りを作っているものを見つけた。まさにこれですね。

網はトースターの網を取り外して使っています。ある程度の耐熱性を持っている網なら何でもいいでしょう。多分、ホームセンターとかで売ってます。バーベキュー用の網とか、七輪用の網とか……。

ちなみに、熱伝導はそこまでっぽいので、網の端を素手で持ちながら炙っていくことが出来ます。トングみたいなものがなくても簡単ですね。
そこそこの大きさの網を使えばやけどはしないと思いますが、カツオを炙っているところはかなり厚くなるので、注意が必要です。

脂がすごいので、火がすごいことになりますが、気を付けていれば大丈夫です。
ちょっと煙が出やすいので、換気扇は回してくださいね。
連続で網を使用すると、網についてしまった身が焦げて、火が付きますので注意してください。
1、2回炙ったら水で一度洗うことをお勧めします。

ここまで炙れば、もう見た目がスーパーで売っているようなたたきになりますよね。
ちなみに、この写真、一柵だと大きすぎたので3分の1のサイズで作っています。それでもスーパーで売っているサイズ並みの大きさなんですから、買ったカツオがどれだけ素晴らしいものなのかっていうのがわかりますよね。
炙り終えたら、お皿に盛り付けて、ネギ、ニンニクチップをまぶしたら、完成っ

実食っ!

出来上がったのがこちら。

うん、カツオのたたきっ!
個人的にはもうちょっと炙っても良かったかなって思います。
隙なんですよね、カツオのたたきの火の通っている部分。結構やったつもりだったんですけど、意外と生の部分が多い。なんかこう、表面だけしっかりできてますよ的な感じがします。

まあいいや、食べてみましょう。いただきますっ
ネギとニンニクと一緒にポン酢につけて、パクリ。

やっぱり安定のおいしさです。塩っ気もちょうどよく、口に入れた瞬間ぶわっとうまみが広がります。それがポン酢の酸味と合って……うまい、うますぎるっ。
何でしょうか、お酒が欲しくなりますね。
あと、この強烈な味はご飯にも合う。あ、たたき丼みたいにしてもおいしかったかも。今度やるのもありですね。

まとめ

今日は、良いカツオが手に入ったのでおいしいたたきを作りました。さすがにカツオを一匹仕入れるのは難しいかと思いますが、最近は刺身用ですけどスーパーで柵が売っていますので。
刺身用の柵を買って、自分好みの塩加減でたたきを作るのもいいのではないでしょうか。むしろスーパーでたたきを買うよりおいしいものができると思います。
捌く工程は大変ですけど、たたきって実際塩まぶして表面を炙るだけですからね。作るのは非常に簡単です。

そして全く関係ないですが、親戚からカツオもらいました……。
そこまで大きくないサイズでしたが、釣り立て天然ものです。船で釣りにいくとカツオも釣れるんですね。
このカツオもおいしくいただくとしましょう。

今回もごちそうさまでした。

-魚料理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8月13日【クロムツのムニエルがめちゃくちゃおいしかった件】

2019年8月13日。仕事帰りに解凍しておいたクロムツを使って調理開始。最初は塩焼きを考えていましたが、途中でムニエルが食べたくなったので急遽変更。作ってみたらめちゃくちゃおいしかった。以外にバターと合ってびっくりしました。

【なんか違う】カツオの煮魚にチャレンジした結果できたものは!!

カツオのレシピを探していたら面白いものを見つけました。その料理はカツオの角煮。豚の角煮は得意料理なので、カツオでチャレンジしてみることに。おいしくできる……はずでしたが、できたものは……。

2019年8月22日【鱧の骨切りが上手くできていなかったので天ぷらにしてみた件】

2019年8月22日。この前の土曜日、鱧を買っていました。確か今は脂が乗っておいしい時期ですし、鱧自体が僕は好きです。経験少ないですがチャレンジしてみた結果、大失敗っ! とりあえず、骨が食べれるように油でおいしく天ぷらにしてみました。これなら骨があまり気にならないのでお勧めですっ。

2019年8月20日【焼くと肉っぽく感じたのでカツオでハンバーグを作ってみたっ!】

2019年8月20日。前に食べた焼きカツオ。触感が完全に肉でした。今回はその肉っぽい味わいに期待して、カツオのハンバーグを作りましたっ! どうしよう、コレ肉で作ったハンバーグと同じくらいおいしい。ぜひ、試してほしいです。

【手軽に作れる】カンパチとカツオの魚焼肉丼っ!

カンパチは味が強く、カツオは火を通すと肉っぽい触感が、そんな理由で作ってみた焼肉丼。焼肉のたれが絡まったお魚たちはまるで肉のようにおいしい。さっと作れるところが魅力かもしれない丼ものです。

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索