魚料理

2019年9月7日【余ったお魚使って簡単ムニエルを作ってみたっ】

投稿日:

昨日、突然飲み会に誘われました。まあちょっとぐらいなら……と思って言ったら、まさかの結婚しました宣言。びっくりして、あとすごくめでたくて、ワイワイやっていたら、気が付いたら終電。家に帰った頃には日付が変わっていて、ちょっと水飲んで寝るかと冷蔵庫を開けると、そこには…………。

解凍したお魚がありましたっ!

あ、やっべ、解凍したの忘れてた……。おめでたいことがあって、そっち優先した結果魚を忘れてしまうという失態を犯してしまいました。
ただ、別に色が変色しているわけではないので、朝かお昼に食べようと思い、再び冷蔵庫に寝かせました。

という訳で、今回は余らせてしまったお魚を使って、さくっと作れるご飯を作っていきます。

調理開始っ!

今回使う食材はこちら。

メインの食材はカンパチとサワラです。
これがラストサワラ。しっかりおいしく食したいと思います。
メインを含めた使っていく材料はこんな感じ!


  • 材料
    • サワラ、カンパチ    :大きな切り身4枚
    • バター         :35g
    • 小麦粉         :適量
    • 塩           :適量
    • ブラックペッパー    :適量
    • カイエンヌペッパー   :ほんのちょっと

大体こんな感じですかね。
この材料を見て、予想が付きやすいかもしれませんが、そうです、ムニエルを作ります。
ムニエルにカイエンヌペッパーって聞くと違和感ありそうですが、ちょっとピリ辛にしたムニエルっておいしそうだなーと思いましたので、入れますっ!
早速作っていきましょう。

1.いい感じの大きさに切り分ける

解凍したお魚が大きかったので、ちょうどいいサイズに切り分けます。
骨は全て取ってあるので、かぶりついて2、3口ぐらいで食べ終わるぐらいの大きさがちょうどいいんじゃないでしょうか。
流石に大きすぎると、箸で持った時に重くて食べにくいです。

それに、お手頃サイズの方が使い勝手がいいんですよね。
大きすぎると、サンドイッチや弁当のおかずに応用したいなーって時に使えないので、その辺を考えて大きさをきめるのが良いと思います。

2.下味をつけて小麦粉をまぶす

魚に味付けをしていきます。
今回は塩、ブラックペッパー、カイエンヌペッパーです。ブラックペッパーはあらびきが個人的に好きですね。
一応使った調味料はこちら。

この赤いのがカイエンヌペッパーですが、これがめちゃくちゃ辛いです。手に乗せてぺろっとなめてみて……うげぇええええ、からぁぁぁぁっぁぁってなります。スパイスからカレーを作っていた時期にやったことなのでだいぶ昔になりますが、おおむねこんな感じですね。

かけ過ぎると食べれたモノじゃありません。激辛を食べるテレビ見ている時、すげぇなと思っています。その時にもたまに登場するカイエンヌペッパー。そう聞くとかなりやばそうなものに聞こえますが、適量いれると『ハバネロ』って昔あったスナック菓子みたいにめちゃくちゃおいしくなります。
このピリ辛がたまらないっ。
かけ過ぎ注意なので、今回はかなり少なめに入れました。ちょっとです、ちょっと。

3.フライパンにバターを溶かして焼いていく

ちょっと多めにバターを入れて、フライパンを温めていきます。バターが良い感じに溶けて来たなーってところで、魚を投入。じっくり火が通るまで温めていきます。
この段階でおいしそうっ。
使ったお魚が厚めの切り身なので、表面がこんがりするぐらいじっくりと焼いていきます。
スーパーで売っている切り身の魚でムニエルをするんであれば、さっと火を通すだけでOKだと思います。
じっくりやる場合は、強火にすると焦げてしまうので、中火と弱火の間ぐらいにしましょう。
火が通ったら完成、これをお皿に盛り付けていきます。

実食っ!

完成したのがこちら。

この焦げ具合がめちゃくちゃおいしそうじゃないですか。
何でしょうか、良い感じに焼けた肉みたいです。あ、よく考えればこれも魚肉だから肉だ……。

まあいいや、では早速、いただきます。
大きめのカンパチを箸で持って……ぱくり。

身がしっかりしていてとてもおいしいっ!
バターの香りが若干しますけど、バターと塩、ブラックペッパーが魚の味を引き立ててくれています。まるで肉食べてるみたい。

それに、一番いい仕事をしているのがカイエンヌペッパーです。
ほんのちょっとしか使わなかったので、味のあるところとないところの差が激しかったんですが。
ただ、ほんのりピリッとする感じが食欲を増進させてくれるような感じがしました。あとはそうですね、スパイシーチキンというか、なんというか、そういった感じになります。
もうちょっとかけてあげたほうが、僕的にはおいしいと思いました。
ただ、テレビでひーひー言っている姿を見ると流石に辛さには注意しないとなって思うので、そのあたりは感覚で調整していった方がいいかもですね。
とりあえず、ムニエル最高っ!

まとめ

今回は残ってしまったお魚を使ってムニエルを作りました。
控えめに言って最高のおいしさだったと思います。意外とカイエンヌペッパーのような辛い調味料が合うと分かったのはいい発見だったと思います。

というか、ピリ辛系のお魚料理ってやったことないかも。
本当は韓国料理のケジャンを作ってみたいんですが、なかなか材料が手に入らないんですよね……。
ピリ辛系も開拓の余地あるかもっ。さてさて、次はどんなものを作っていこうかな。

今日もごちそうさまでした。

-魚料理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【手抜きじゃないよ】キッチンが狭いので出汁茶漬け作った!

堺にいるので包丁を買いました。600年近い歴史のある包丁。買っちゃいましたよ。なので早速使いたいと思ったのですが……キッチンが狭い! なのでカンパチを買ってきて、それでなんか作ろうと思います。広いキッチンが恋しいです……。

【刺身なら何でもOK】簡単旨いひゅうが飯を作ってみたっ‼

ツイッターでよく確認する料理研究家の方がいます。じゃがアリコで有名なリュウジさんですね。その方のツイートで手軽に作れるひゅうが飯というのが紹介されていました。僕の家には市場で買った新鮮でうまい刺身が……。こりゃ作るしかありませんよねっ! という訳でやってやりましたっ

【意外とこってり】カツオを肉のように扱ったらこうなったっ

カツオの柵と切り身を用意して、カツオ料理をすることに。とりあえず、小さい切り身は塩焼きにするとして、残り2つを肉のように扱った料理を作ってみた。一つはバターニンニク醤油、もう一つはローストフィッシュ? 出来上がったのは割と凄いものでした。

2019年9月2日【スズキとほうれん草があったのでバター炒めにっ!】

2019年9月2日。本日解凍したのはスズキと〆鯖。スズキをバターで焼くだけでは少し味気なかったので、冷蔵庫に眠っていたほうれん草を一緒に炒めることに。ついでにアレも入れてみたら、めちゃくちゃおいしくなった。この作り方はオススメですっ。

【定番はコレ】白身の魚で作る簡単フライがおいしすぎる‼

カレイってあまり捌いたことないな。五枚下しって難しそう、そう思ってなかなか手を出さなかったカレイを買ってみました。身が白く、とてもおいしそう。お刺身でもいいのですが、ちょっと揚げ物が食べたい気分だったのでフライを作ってみました。魚料理の定番。カレイではどんなお味?

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索