魚料理

2019年9月3日【簡単おいしいっ! サワラとカンパチの中華風餡かけ】

投稿日:

冷凍庫にはたくさんのお魚が入っています。
サワラ、カンパチ、サワラ、カンパチ、サワラ、カンパチ……etc.
量はあるけど種類ないじゃん。

冷凍庫の中に量がたくさんあり過ぎてちょっとヤバい状態です。少しづつ消費しなければ。という訳で今日も作っていこうと思います。
ただ、似たような料理を毎回作ってもアレですよね。飽きる。
煮つけ、塩焼き、煮つけ、塩焼き。確かに魚の種類で味や風味は全然違いますけど、違うんですけどっ!
それでもやっぱり飽きが来る。という訳で、ちょっと違う料理を作ってみようかなと考えています。

肉を使った料理って種類豊富なイメージがありますね。僕の家庭がそうだっただけかもしれないですけど、カレー、肉じゃが、牛丼、いろんな形で出て来た記憶があります。ですが、魚って焼きか煮つけかホイール焼きぐらいしか家で出て来たことがない。
塩焼きや煮つけは和風、僕が魚料理を始めて作った和食以外は、ムニエルとトマト煮込み、どちらも洋風な料理ですね。

あれ、あれれ、中華作ってなくない、おうおう?

思い返してみれば、中華風の魚料理って全然思いつかないんですよね。
中国の料理って種類が豊富なイメージがあるんですけど、魚ってイメージが全くわかないんですよね。超おいしすぎて秘伝にされていて伝わっていないとか、海に囲まれたお魚大好き日本人の口に中国の魚料理が合わなかったのであまり伝わっていないとか……。

実際どうなのかは知らないですが、魚は中華風の料理もできるってところを見せたいですねっ!
という訳で、今回は中華風のお魚料理をノリと勢いだけで作っていこうと思いますっ。

調理開始っ!

今回使う材料がこちら。

メインの材料はサワラの切り身とカンパチの切り身です。
材料をリスト化するとこんな感じ。

  • カンパチ(切り身一切れ)
  • サワラ(切り身一切れ)
  • 白菜
  • ニンジン
  • 玉ねぎ
  • すだち
  • 鶏がらスープの素
  • 調理酒
  • 醤油
  • 味の素
  • みりん

この材料を使って、カンパチとサワラの中華風餡かけを作っていこうと思います。中華って考えたら急に餡かけが食べたくなって調べました。
すると意外とあるんですね。むしろ中華で出て来た魚料理が餡かけしかなかったんですが……。その辺は気にしないようにしましょう。

調べてみたら、基本的に白身のムニエルを使って作っているみたいだったので、今回はから揚げにして、その上に餡かけをかけるスタイルにしていきます。

まず、魚を適当なサイズに切ってください。

一口サイズよりちょっと大きめでいいです。油で揚げた時に水分が飛んで、ちょっと小さくなるので。小さくなった時に一口サイズになるように切れたら最高です。

切り身を一口サイズに切ったら、片栗粉をまぶしていきましょう。

材料のリストをよく見たら片栗粉載ってませんでしたね。ごめんなさい。

から揚げと言っても、魚の味を生かしつつ、餡かけの味と絡めて食べるようにしたいので、下味をつけずに片栗粉だけまぶすようにします。
後から餡かけをかけるのに、から揚げに味を付けたら塩分濃度がすごいことになりそうです。何よりしょっぱくて食べられないような代物になってしまいそうです。

片栗粉を綺麗にまぶしたら、180度ぐらい油で揚げていきます。
入れるとぶくぶくしながら油の中に沈んでいきます。
水分が飛んでいくと油よりも切り身の方が軽くなるので浮いてきます。
浮かんで来たら火が通り切った証拠なので油から上げていきましょう。

お、以外にも白い色をしています。白身の魚だからというものありますが、それよりも下味をつけていないのが原因でしょうね。から揚げっぽさは全くありません。ですが、とてもおいしそうに見えたので、一口……うまっ。

下味が付いていない分、魚の味がダイレクトに伝わってきます。油で揚げたことで、ムニエルよりもサクサク感があり、とてもおいしい。
このまま食べてしまいたい衝動を抑え、次に餡を作っていきます。

まずは、野菜を適当なサイズに切ってください。

火を通すので、小さくなることを意識しつつ、そこそこの大きさに切るのがポイントです。
僕の理想は、火をかけた後に一口サイズになる、です。そこを意識してカットしていきましょう。
おいしいものを作るのも大切ですが、食べる人のことを考えるのも大切ですからね。まあ、食べるの僕だけなんですけど……。

野菜をカットしたらフライパンに入れて火にかけます。もちろん強火で。
やっぱり中華は強火ですよねっ。

炒めていくと野菜がしんなりしてきて、フライパンに少しずつ水が溜まっていきます。そのぐらいになった時、酒とみりん、醤油、鳥ガラ出汁の素を加えて、煮詰めるようにします。
一度炒めているので、がっつり煮込まなくても大丈夫です。調理酒を入れているので、アルコールが飛んでいくぐらい煮込んでおけば大丈夫でしょう。

アルコールが飛んだら、片栗粉を水で溶いた奴を入れてとろみをつけましょう。

お、結構おいしそうにできたんじゃないでしょうか。
それではこれらをお皿に盛り付けていきます。そして完成っ。

実食っ!

完成したのがこちら。

かなりおいしそうにできたと思います。ですがちょっと作り過ぎましたかね。量が多いです。香りは……食欲を刺激するいい香りがっ!

これはたまらん、という訳で、いただきますっ!

ちょっと銀っぽい色の皮をしているお魚、これはカンパチですね。それにタレを絡めて、パクリっ!

ナニコレめちゃくちゃおいしいっ。
若干タレが失敗していて、味が濃い目です。ちょっとしょっぱい。ですが、ふわとろの魚とこのしょっぱさがベストマッチ。いい感じに味を調えてくれて丁度良い感じにっ!

あの時魚に下味をつけなくてよかった、本当によかった。
マジで御飯が進む味になってしまいました。
しかも、サワラとカンパチで身質が全然違うので食べていて楽しいです。
カンパチはいいところを使ったからでしょうか、身がふわっふわで口の中で消えていくような感じがします。なのに味の主張が強く、タレといい感じにマッチしています

逆にサワラは、身質が固く、噛めば噛むほど味がしっかり出てきます。最初にタレのしょっぱさを感じつつ、後から魚のうまみがやってくる感じでしょうか。これはこれでうまい。

中華風の魚料理、これは見落としていました。開拓の余地ありです。

まとめ

今回は、サワラとカンパチを使って中華風餡かけを作ってみました。
油で揚げる工程があったので、すごく難しそうに見えますが、そんなことはありません。フライパンにちょっと多めに油を入れて、焼くようにして揚げれば全然大丈夫だと思います。餡も作る時間はそこまでかかっていないので、非常に簡単に作れたんじゃないかなと思います。

味もしっかりとしていて、ご飯が進みます。魚と言わなければ喜んで食べる人が続出するかも、なんて自画自賛したくなるほどです。

今回はカンパチとさわらを使いました。サワラは焼き用の切り身が売っていますので、スーパーの食材でも作れると思います。

流石に刺身用のカンパチをやってまで試したいとは思わないですよね。
そんな時はアジで代用するのが良いと思います。

カンパチはスズキ目アジ科のお魚なので、割と近い味がしたと思います。
カンパチに一番近い味は、シマアジで、その次にアジが近いかなって感じです。

他にも、サバやイワシを使ってもおいしいかもしれませんね。
ネットで調べた時はタラなどの白身魚で中華風餡かけというメニューがたくさん出てきましたが、僕的にはアジなども全然ありだと思います。

むしろスーパーで手軽に安く買えるアジやイワシで作ったほうがおいしいのができるかもっ!

サワラとカンパチの中華風餡かけ、かなり満足するお味でした。今度は別の中華料理か、もしくは使った出汁を中華味の素など、別のものに変えてみてチャレンジするのもありかなと思いました。

とりあえず、余は満足じゃっ!

今日もごちそうさまでした。

-魚料理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【めんつゆ最強説】めんつゆベースの漬け丼がおいしすぎてヤバい件

前に、とっても美味しいひゅうが飯を作りました。あまりにおいしすぎてペロッと完食。そこでふと思います。めんつゆをベースに漬けタレなんて作ったら、最高においしいものができるんじゃないかと。という訳で、市場で買ったお魚で、手軽に作れる漬け丼を作っていきますっ。

2019年8月13日【クロムツのムニエルがめちゃくちゃおいしかった件】

2019年8月13日。仕事帰りに解凍しておいたクロムツを使って調理開始。最初は塩焼きを考えていましたが、途中でムニエルが食べたくなったので急遽変更。作ってみたらめちゃくちゃおいしかった。以外にバターと合ってびっくりしました。

2019年9月7日【余ったお魚使って簡単ムニエルを作ってみたっ】

2019年9月7日。前日に突発的な飲み会発生。知人が結婚するってっ!
そんな理由でせっかく解凍したのに食べ損ねてしまった。朝はやることがあって時間が……でもお魚が……。という訳で、さくさくっと作れるムニエルにすることにしましたっ!

【きまぐれ流】銀色に輝くあのお魚で干物を作ってみたっ

市場に行ったら銀色に輝くあのお魚が売っていました。そして最近youtebeで同じ魚の干物を作っている動画を見ました。どうせならあの干物を再現しよう。材料は、全てそろったっ! と言うことで、今回は銀色に輝くあの干物を作っていきますっ。

【定番はコレ】白身の魚で作る簡単フライがおいしすぎる‼

カレイってあまり捌いたことないな。五枚下しって難しそう、そう思ってなかなか手を出さなかったカレイを買ってみました。身が白く、とてもおいしそう。お刺身でもいいのですが、ちょっと揚げ物が食べたい気分だったのでフライを作ってみました。魚料理の定番。カレイではどんなお味?

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索