魚料理

2019年8月25日【お腹いっぱいで食べきれなかった食材、調理しておいしくいただくっ!】

投稿日:2019年8月25日 更新日:

昨日の仕入れでたくさんのお魚を買いました。サワラ、カワハギ、スズキ、ハッサク。正直買い過ぎたような気もします。
なのでお刺身尽くしとして盛り合わせを作って食べましたが……流石に量が多かった。

今回は食べきれない量を作ってしまい、残してしまいました。
お刺身の残しってどうしようって結構悩みますよね。

手巻き寿司を家でした後が材料が残ってしまった、とりあえず冷蔵庫にいれたがさてどうしよう、そう思ったことある人は僕だけではないと思います。
スーパーで買ってくる刺身でも同じことがたまに言えますね。

昨日は残念ながら残してしまいましたので、今回は残り物のお刺身を使って料理していきたいと思います。

調理開始っ!

今回使う食材はこちらっ!

昨日残したお刺身と言うことで、こちらを調理していきたいと思います。
昨日投稿した記事の写真とほぼ同じじゃんと感じられた方がいるかもしれませんね。
正直に言いますと、投稿した記事に乗せた写真、その倍以上の盛り合わせが完成していました……。
一皿は食べたんですが、残りの一皿が残ってしまい……。今回はこの刺身をおいしくいただきます。

と言っても、このままお刺身として食べるのは、なんだかもったいないというか、昨日もやったので新しい食べ方をしたいですよね。という訳で、今回はこれを使ってお茶漬けを作りますっ。

まず、刺身とその他でお皿を分けましょう。

お刺身の方には軽く塩を振って、少し置いておいてください。僕はついでにかぼすもかけました。少し塩などを馴染ませてから、焼いていこうと思います。

刺身なのに焼くのっ! と思われるかもしれませんが、刺身を焼いちゃダメと言うルールはありません。残った場合は別の楽しみ方を模索しても、僕はいいと思っています。なので今回は火を通してみようかと……。

刺身を置いている間に、他の材料を仕込んでいきましょう。
まず、大葉は千切りに、つまは細かく刻みましょう。

大葉は最後に乗せますが、つまはご飯と一緒にまぜまぜしようかと思います。ここ、スーパーで刺身を買うとついてきますが、皆残すんですよね。もったいない。だけどこれだけ食べてもなんか味気ないので、今回はご飯に混ぜよと思います。

ついでに、これも一緒に混ぜましょう。

ででん、塩昆布。やっぱりこれがないとですよね。
つま、塩昆布、ついでにお皿に乗っていたワサビをご飯に入れて混ぜ合わせます。これで土台は完成です。

大葉もこのタイミングでいれてもいいと思いますが、僕はご飯の上にまぶす感じにしようかと思います。そっちの方が見栄えがきれいになりそうですので。

ご飯が出来たら魚を焼いていきましょう。

正直、すべて一緒に焼くと、どれがどれだかわからなくなりますね。それにとても良い匂いがします。もしかしたら、今回買った魚は刺身よりも焼いて食べたほうが断然においしいかもしれませんね。
むしろスーパーのお刺身コーナーでめったに見ない魚なので、もしかしたら……そうなのかもしれませんね。

刺身が焼き終わったら、出汁の準備をします。
今回は昆布とカツオの合わせ出汁。まず、鍋に昆布を入れて、沸騰直前まで煮ます。沸騰直前になったら昆布を取り出して火を消します。
そこにかつおだしを入れて3分ほど待てば完成っ!

見てください、この綺麗な黄金色。とてもおいしそうですね。あとは出来上がったものを盛り付ければ完成っ!

実食っ!

という訳で、完成したのがこちら。

普通においしそう! とっくりにはお酒が入っていません。いつものようにお出汁が入っていますので。
すぐにお茶漬けにしてもいいのですが、まずはそのまま食べてみましょう。

一口パクリと食べてみたら、塩気の効いた強い魚のうまみが口の中で広がっていきました。めちゃくちゃおいしい。
一番味の主張が激しいのは、たぶんスズキでしょうね。どれも似たような色なんですけど、とりわけ色が白い魚が一匹ありました。僕の予想ではたぶんスズキです。刺身の時はなんか微妙な感じがしましたけど、焼くとこんなにおいしんですねっ!
ご飯い入っているワサビと塩昆布が魚のうまみをさらに引き立ててくれているような気もします。

このままでも食べれちゃいそうなおいしさでしたが、今回は出汁茶漬け、お出汁をご飯に注ぎます。

この上に刻みのりや万能ねぎを入れても良かったかもしれませんが、今回はこのスタイルで食べていきます。

おつゆと一緒に……ずずずっと。
出汁を入れるとまた違った味がしますね。魚と出汁のうまみがマッチして、上手さが飛び上がった感じがします。
おいしい。

ちょっとカツオだしのパンチが強すぎるかなと思いましたが、それに負けないぐらいスズキが良い味を出していました。
スズキだけではありません。サワラもハッサクもいい味を出しています。

今回の魚、もしかして刺身より焼いたほうがおいしいんじゃ……。

そう感じてしまうほど、おいしかったです。

まとめ

今回は、残り物のお刺身を使って出汁茶漬けを作ってみました。
これがまたおいしい。2杯分作れちゃったので、少し作り過ぎたかなと思いましたが、あまりのおいしさにぺろりと食べてしまいました……。

今回はサワラ、ハッサク、スズキでしたが、別のネタでも全然おいしく食べれそうです。
ただ、個人的な意見としては、マグロとカツオのような焼いたら固くなるタイプはあまり向かない気がしますね。
マグロ、カツオは、逆に焼肉のたれで焼いたほうがおいしくなるんじゃないでしょうか?
そこは、いつかチャレンジしてみたいですね。

今日もごちそうさまでした。

-魚料理
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8月9日【最後のマグロとサメカレイをおいしくいただきましたっ】

2019年8月9日。冷凍この中を見ると、あれだけたくさんあったマグロとサメカレイがちょっとしかありませんでした。最後までおいしく食べよう、と言うことで串焼きとなめろうをつくりましたっ!

【きまぐれ流】銀色に輝くあのお魚で干物を作ってみたっ

市場に行ったら銀色に輝くあのお魚が売っていました。そして最近youtebeで同じ魚の干物を作っている動画を見ました。どうせならあの干物を再現しよう。材料は、全てそろったっ! と言うことで、今回は銀色に輝くあの干物を作っていきますっ。

2019年8月27日【ちょっと洋風に、スズキのトマト煮込みを作ってみたっ!】

2019年8月27日。今日はサバの刺身と、スズキの切り身で何かを作ろうと思いました。今まで、塩焼きやムニエルは作ったことありますが、トマト煮込みは作ったことありません。今回はスズキでチャレンジしてみようと思います。食べたらめちゃくちゃおいしかったので、ぜひ作ってみてほしい一品です。

2019年8月12日【干し芋作った後は、キンメダイの出汁茶漬けと煮つけをいただきますっ】

2019年8月12日。昨日干し物を作るための網をもらったので、干し芋を作りました。作り方は簡単ですね。お手伝いレベルの労働。ちょっと疲れたそんな日は、キンメダイの出汁茶漬けと煮つけをおいしくいただいて明日に備えましょうっ!

2019年8月7日【サメカレイのから揚げはふわっふわでおいしい!】

サメカレイの切り身を使ってから揚げを作ってみました。作り方はとても簡単、そしてうまい。お酒が欲しくなるような一品です!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索