魚料理

2019年8月9日【最後のマグロとサメカレイをおいしくいただきましたっ】

投稿日:

冷凍庫の中を見ると、サメカレイもメジマグロも残りあとわずか。最後の最後までおいしく食べよう。これが食に対する礼儀だと思います。

明日は土曜日。毎週行っている魚屋さんと市場に仕入れに行く日です。趣味でやっているのに仕入れって言葉的におかしくない? と一人ツッコミながら何を食べようか考えました。
けど、ここ最近でマグロもカレイもやりつくした感がある。何を作ろうか思いつかない。

こういう時は、作った中でおいしかった奴を作ってビールでいっぱいやりますか。そう思ったらとりあえず行動っ!
今日もおいしい料理を作っていきますっ。

調理開始っ!

さて、今回の食材はこちら。

最後のサメカレイとマグロの切り身っということで、本日はこれを使って調理していきます。

僕がここ最近作った中でおいしかったのは、串焼きですかね。どれもこれもおいしかったですが、こうビールに合いそうなおいしさだったのが、串焼きだと思っています。から揚げもおいしかったんですが……。

あれはちょっと作るの大変なので、今回はパスします。

まずは簡単に切り分けて、ネギと一緒に串にさしていきます。

ここに塩、コショウをまぶしたら完成。非常に簡単です。
ぱっと見マグロが鶏肉に見えるから不思議ですね。多分、赤色がもうちょっと薄目なメバチマグロ、でしたか。それで串焼きをしたらもっと鶏肉に見えそうですね。

今回のメジマグロは、本マグロ(クロマグロ)の小さいサイズのモノなので、身がとても赤いです。この赤さがおいしそうなんですけどね。

ちょっと話がそれました。
こんな感じで串焼きを作りましたが、こう、中途半端にマグロとカレイが余りました。ここでふと思いつきます。

マグロとカレイを一緒にミンチにしてネギトロ作ったらおいしくなるんじゃない、と。
サメカレイは、全身が大トロと言えるぐらい脂がのっている魚です。その油たっぷりの白身とマグロを混ぜれば、良い感じのネギトロが作れるのではないのでしょうか。

だけど、ネギなどの薬味を準備して、色映えを考えてとなると、ちょっとめんどくさい。という訳で、今回はマグロとカレイのなめろうを作りました。

なめろうは作り方がとても簡単です。
まず、マグロとカレイをミンチにします。
そこに、ある程度細かく切った下記の食材と一緒にさらにミンチにしてください。

  • みょうが
  • 生姜
  • ネギ
  • 大葉

軽くやるとこんな感じになります。これを包丁でトントンとやって、ミンチにしていく感じですね。めんどくさそうに見えて非常に簡単です。

本当は薬味にみょうがとか入れないのですが、僕は好きな薬味を入れてなめろうを作っています。本当は今が旬の鯵で作るとおいしんですけどね。
良い感じにミンチにできましたら、器に映して、次の調味料を入れて煉り合せてください。

  • 調理酒
  • 醤油
  • みりん
  • みそ

みそは適当でいいと思います。僕も適当に使っています。もし、このみそじゃなければなめろうとは言わない、という人がいたら教えてください。今度はちゃんと味でやりますからして。
まそれは置いておいて、良い感じに練り合わさったら完成っ。

実食っ

さぁ、完成。ということでですね、こんなものが出来ました。

串焼きは、見た目普通においしそうです。調理時の写真と完成品で串の数が違うのは、写真を撮る前に奪われてしまったからです。失敗して捨てたとかではないよ。

まずはマグロから食べてみましょう。
塩の効いていそうなところから、パクリ。口の中に広がる塩とマグロのおいしさ。ちょっと塩気が強いので、喉が渇いてくる。そこにビールをくいっと飲む、うんたまらん。めちゃくちゃおいしい。

さてさて、サメカレイの方はどうだろうか。
マグロ同様、パクリと頬張る。焼く前はぷりっぷりの身でしたが、火を通すことで柔らかくなり、身がふわふわです。なるほど、火を通すと柔らかくなるのね。そういえば、から揚げの時も身がふわっふわで柔らかかったことを思い出しました。

串焼きにはあまり向いていないかも。ちょっとバターを入れてホイル焼きにしたほうがおいしかったかもしれないですね。でも、これはこれでおいしかったです。

そして最後になめろう。御飯も食べたかったので、なめろう丼にしました。これがおいしい、となるはずでしたが、個人的には鯵で作ったほうがおいしいです。
もうちょっとマグロとカレイが新鮮ならおいしかったかもしれませんが、今回使ったものはそれなりに時間が経ってまして……。いや、鮮度は関係あるかもしれませんが、うーん、どうなんだろう。

単純に、アジと生姜などの調味料が抜群に合うからなめろうがおいしいのであって、マグロやカレイで作ってもそれなりにしかならないのかな? そんな風に感じました。

まとめ

本日はあまりのマグロとサメカレイを使って料理をしていきました。
それなりに時間が経っていますが、火を通せばおいしいです。生でもおいしいけど、今回はレシピでしくじった感がありますね。普通にユッケ丼かハンバーグにすればよかったかと。

いや、ハンバーグはおいしくなるか不明ですが。
さて、明日はどんな食材に出会えるのでしょうか。今からとても楽しみです。

今日もごちそうさまでした。

-魚料理
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年9月3日【簡単おいしいっ! サワラとカンパチの中華風餡かけ】

2019年9月3日。カンパチとサワラと使って何か作ろうとしたとき、ふと中華風のお魚料理を食べたいと思いました。タラなどの白身を使った餡かけレシピはたくさんあったけど、カンパチとサワラは見つからず。なのでチャレンジしてみたらめちゃくちゃおいしいのができましたっ!

2019年8月31日【ノリと勢いで買ったカンパチでカルパッチョを作ってみたっ!】

2019年8月31日。昨日お酒を飲んでしまったせいで市場にいけませんでした。なので近くの鮮魚店に言ったら……結構立派なカンパチが置いてありました。ノリと勢いで購入、とてもおいしそうだったので、カルパッチョにしてみましたっ!

【刺身なら何でもOK】簡単旨いひゅうが飯を作ってみたっ‼

ツイッターでよく確認する料理研究家の方がいます。じゃがアリコで有名なリュウジさんですね。その方のツイートで手軽に作れるひゅうが飯というのが紹介されていました。僕の家には市場で買った新鮮でうまい刺身が……。こりゃ作るしかありませんよねっ! という訳でやってやりましたっ

【絶品料理】ズワイガニで作るカンジャンケジャンがおいしすぎる件【マジでご飯が止まらないっ】

韓国で『ご飯泥棒』の異名を持つ料理カンジャンケジャン。ワタリガニで作る料理ですが、生で食べるには活〆された新鮮なモノでなければ食中毒の危険があります。でもワタリガニなんて手に入らないので、刺身で食べられる活〆のズワイガニでカンジャンケジャンを作ってみました。食べたら御飯が止まらない絶品料理です。

2019年8月14日【ノリと勢いで石鯛の頭を使って酒蒸しを作ってみたっ】

2019年8月14日。この前買った石鯛と間違って解凍してしまったクロムツを使って料理開始。ちょっといつもと違うものを作ってみたいと思った時にタイの酒蒸しのレシピを発見。こりゃ石鯛の頭でやるしかないとチャレンジしてみましたっ!

自己紹介

プロフィール

名前:日向葵

趣味:料理、執筆

 

自由に生きる人。ハマったら全力で、店持っている人が買いに行くような場所に平気で現れる特殊な人。

最近は土曜日の朝市を楽しみに生きている。

↓日向葵のツイッター

サイト内検索